FC2ブログ

「私は、この祝福 "ユン・ヨジョン「セリ」30万控え伝え感想




「セリ」が興行巡航中30万人突破を控えている中で、俳優たちの所感が公開された。

映画「セリ」(監督チョン穂)が30万人突破を目前に置き、週末ボックスオフィス1位を席巻、興行熱風を起こしている。

これ3月8日チョンイサク監督は映像を通じて「韓国の観客と映画を分割することができ、本当に光栄だ。「セリ」はした韓国人の家族のシンプルな話であり、個人的な話をしてみたくて始めになった。常に韓国の観客を考えながら作った。直接挨拶できないおかけ惜しい心は、あなたと一緒にいる。楽しく見ていただければする」と挨拶を伝えた。

お父さん「ジェイコブ」役を引き受けたスティーブン凧は「「セリ」を見に来てくれて、本当に感謝している。参加したすべての人が熱心に努力した映画であり、楽しく見ていただければ」と述べ、ママ'モニカ役を引き受けたハンイェリは「夏の間熱心に喜ん作業した映画だ。「セリ」を撮りながら、多くの方々に良い上に、エネルギーをささげたら良いという考えをたくさんした。コロナ19に困難な時期だが、みなさんが「セリ」を見ながら胸暖かい時間になったら良いだろう」と感謝を表した。

おばあちゃん「荀子」役を引き受けたユン・ヨジョンは「困難な状況に劇場で見つけ来てくれて感謝する。撮影中に楽しかったのは、私たちの俳優たち5人で家族のように過ごし、その家族の最もは正穂監督だった。チョンアイザック監督は「私の息子だったら」するほどどんな状況でも平常心を失うことなく、私たちをよくドラッグ与えた。私たちの思いのままに表現する機会を与え、意見を自由に交換できるようにしてくれて監督のためにもよく終わらないと考えていた。だから私にこのような祝福が来たようだ。あなたがどのように感じるか分からない多くの震える。よく見ていただきたいの監査する」と所感を伝えた。

長女「アン」役のノエルケイト条」「セリ」を応援してくれて感謝する。愛らしい家族と本当に幸せだった。暖かく愛情いっぱいの映画だからたくさん愛していただきたいだろう」は、人事と、末の息子「デビッド」役のアラン・キムの「私も韓国にも行きたい今はない行っても悲しい。「セリ」たくさん愛しお願い望む」は愛らしい挨拶まで加わって、観客の心をより一層魅了した。

一方、「セリ」は、この日の基準、世界85冠王を記録した。(写真=版シネマ提供)
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2021   0 comments   0 trackback
Category :映画

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47418-cf03b263

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR