FC2ブログ

「音楽中心」シャイニー、アイユ破っ1位 "シャイニーワールド感謝」... 非(ft。清河)xアイコンカムバック[総合]



歌手シャイニーが3月第1週1位を占めた。

6日午後生放送したMBC音楽プログラム「ショー!音楽中心」でグループシャイニー、ソロ歌手アイユ、6人組グループオンエンオフが1位の座をめぐり対決した中シャイニーが王座に就いた。

この日シャイニーは「シャイニーワールドに感謝である。また、今回のアルバムのために頑張ってくれた方々にも心から感謝」とあいさつした。また「1位ではなく、思っていた感謝する」と付け加えた。

シャイニーの新しいアルバムのタイトル曲「Do not Call Me」は、枠に閉じ込められた視線で定義しないという警告の意味を含んでいる。アルバムごとに独創的な音楽とパフォーマンスに変身を繰り返してきたシャイニーの別の色を満たすことができる。

特にシグネチャボコーダー・サウンドの上に強烈な808ベースとシンセサウンド、サンプリングされたボーカルソースが調和した、ヒップホップベースが耳元を刺激する。歌詞には愛に徹底的に裏切られ傷ついた姿をストレートに解放した。

2位に上がったアイユの「Celebrity」はトロピカルハウスが加味されたエレクトロニックポップで、さまざまなジャンルをアオルミョ数多くのヒット曲を作ったライアン前、彼のクルーである、デンマークの作曲家クロエラティマー作曲した曲の完成度を高めた。

3位オンエンオフのタイトル曲「Beautiful Beautiful」は、ファンキーハウスジャンルの曲で私の人生のすべての呼出しはすぐに芸術と叫ぶエネルギーが含まれている。

一方、この日ピ(feat。清河)、船尾、アイコン、エイティーズ、アーク、ゴールデン・チャイルド、MCNDは、上記の子供(WEi)、グレイシー、トライ雨、キングダムなどが出演した。

まず、雨は求めるとコラボステージを飾った。「WHY DO NOT WE」は中毒性の強いメロディーに雨と清河の魅力的なボーカル、舞台の上の二人が繰り広げるパフォーマンスが期待ポイント。

船尾は「尾(TAIL)」で舞台に上がった。「尾」は、猫の特徴に女性の愛になぞらえ解いた曲。強烈なサウンドの上に他のリストヤングのユニークなギター・リフを加えた「尾」は、風変わりなリズム感とキャッチーなメロディーが特徴である。

アイコンの新曲「なぜウェウェ(Why Why Why)」は、別れの後悔と悲しみを哀切に歌う曲でやわらかいながらも強烈なメロディが印象的だ。iKONが様々な活動を予告しただけに、今回のデジタルシングルがすべてに大きな期待感に近付くことができることを願う。

エイティーズの「火遊びだ」は節制されたトラップビットの中EDMのリズムが引き立つ曲。世の中の誤った認識から抜け出し、自分だけの火種を乗せ、真の炎を吸うというメッセージが込められている。

円弧のタイトル曲「Lose」は言うようささやくボーカル、レトロ感性がにじみ出るながらもどっしりとしたサウンド、ここに円弧の節制されたセクシー美が結合されて妙な魅力を伝えるエレクトロニックポップトラックである。愛を失った一人の男がトラウマを克服し、実質の私向き合った後、再び生まれるという内容を描いた。

ゴールデンチャイルドの「抱いてあげる」は、レゲエトンスタイルの強烈なリズムにギターと口笛、感性的なメロディーが調和を成す曲だ。愛する存在が手に負えなくする姿を見守って胸を痛めて、その痛みを燃やし、痛みから解放してあげたい気持ちを込めた。

MCNDが「まだ終わってアイダホ(Not over)」でパフォーマンスを繰り広げた。この曲は、まだ終わったではないというタイトルのように、絶対あきらめとなくサイのように走って行こうというメッセージを込めた。張り裂けそうなベースと強い中毒性を誇るホイッスルラインが特徴である。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 06.2021   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47408-87426999

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR