FC2ブログ

チュ・ジフンユン・ウネ '宮'再びドラマ制作。グループエイトリメイク契約



2000年代後半のドラマに移され、大きな人気を集めた漫画「宮」(原作者パク・ソヒ)が再びドラマで製作される計画である。「宮」のマネジメントを担当している漫才メディア(代表ファンナムヨン)は最近、ドラマ制作会社グループエイトと「宮」のリメイク契約を締結したと伝えた。

漫画「宮」は、大韓民国が立憲君主制という仮想の世界観の下皇太子の男性主人公と一般人の女性主人公の婚姻が決定され、起こるロマンスを盛り込んでいる。2003年から10年間連載され、国内はもちろん、日本でもミリオンセラーになるほど大きな人気を享受した。日本をはじめ、台湾、タイ、フランスなどの輸出された国のみ10カ国が超えたので、いわゆる「K-コミックス」のリーダーでもある。

また、ドラマをはじめ、小説、音楽などに移動され、各種ファンシー商品としても作られ、様々な方面でメディアミックスされた。特に、音楽の場合、日本でも公演され、大きな反響を起こし、最近は中国、タイ、メキシコなどでドラマ化契約が締結されたことがある。一方、国内では連載が終了した後も外伝などが製作され、冷めない人気を継続することもした。

ドラマ「宮」は、2006年放映当時の最高視聴率が27%を超えるほどの人気を集めており、その勢いに乗って、翌年の同じ世界観を持ったスピンオフドラマ「宮S」まで登場するほど話題を呼んできた。特に男女主人公として登場したユン・ウネとチュ・ジフンはこのドラマを通じて注目される俳優に位置と評価される。何よりも、今回のリメイク製作会社がグループエイトという点は注目を集中させる。広く知られているようにグループエイトは「ごめん、愛してる」、「幻想のカップル」、「花より男子」、「私の名は江南美人」など披露ドラマごとに多くのファン層を形成し、海外各国に輸出され、韓流ドラマブームを導いている制作会社でもある。おかげで今回のリメイクもすでにグローバルコンテンツとしての期待感を高めている。

グループエイトと「宮」との縁は、ドラマだけでなく、ミュージカルでも続いた。ドラマの成功の後「宮」は、ミュージカルで製作され、韓国はもちろん日本でも舞台に上がったが、これもグループエイトの手によって行われたもの。さらに、この公演は、一回にとどまったのではなく、日韓両国で長年再演され毎年恒例のイベントのように行われており、特にユンホ、キム・キュジョン、キム・ドンジュン、シャイニーテミン、U-KISSスヒョンなどアイドルスターらが主演を務め、日本国内の大きなファン層を形成した。ドラマリメイク契約に先立ち、「宮」のミュージカル版権もグループエイトが契約して、現在常設公演で推進中ので、コンテンツ産業全体で「宮」が主要なIPに生まれ変わる準備を終えたことになる。

一方、出版漫画だった「宮」は、最近のオールカラーウェプトゥン方式の編集を経て、カカオページを介して再連載されている。要するに、原作も時代の流れに合わせてリメイクされているわけだ。このように発表されてから20年が過ぎた時点で「宮」を再大衆文化のアイコンとして定着する原動力に作品のマネジメントを担当している漫才メディアのファンナムヨン代表は「新しい作品を作り続けることも必要だが、既存のに作成された良い作品に一貫して生命力を維持させることもIP拡張の重要な部分だと思う」とし「「宮」の新しいブームアップは、それに対する主要な事例になるだろう」と述べた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2021   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47405-da3cdcc9

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR