FC2ブログ

防弾少年団、IFPI「グローバルアーティスト」1位[公式]




グループ防弾少年団が、非英語圏の歌手としては初めて国際レコード産業協会(IFPI)選定「グローバルアーティスト」優勝した。

4日(以下現地時間)、国際レコード産業協会が公式ホームページとSNSチャンネルを通じて発表した「2020グローバルアーティストチャート(Global Artist Chart 2020)」で防弾少年団が1位を占めた。防弾少年団は、韓国の歌手ではもちろんのこと、非英語圏の歌手としては初めて、3年連続で「グローバルアーティストトップ10」に名前を上げた。防弾少年団は、2018年のチャートでは2位、2019年には7位にランクされた。

国際レコード産業協会は、「防弾少年団は、2020年の世界の音楽を愛する人々に前例のない現実からの嬉しい逃避をプレゼントした。「MAP OF THE SOUL:7 'は、歴史上、お取り寄せ量最も多かったアルバムの一つであり、7月に出てきた日本のアルバム「MAP OF THE SOUL:7〜THE JOURNEY〜」は、発売二日ぶりに販売量50万枚を記録するなど、日本市場で歴代海外男性アーティストアルバムには、ベストセラー記録を立てた。防弾少年団はまた、8月に発表した「Dynamite」で最初に(ビルボード)「ホット100」チャート上に上がった、昨年11月に「BE」発売とともに信じられない一年を送った」と言及した。

20210305090730fa4.jpeg
20210305090730335.jpeg

国際レコード産業協会(IFPI)公式ツイッター

フランシスモア国際レコード産業協会会長は「防弾少年団は、世界的な現象である。防弾少年団は、驚異的な一年を過ごし、3枚のアルバムを発売し、自分たちの話を世界と共有することができる創造的で魅力的な方法を絶えず見つけた。防弾少年団は、世界中の人々に喜びと幸福をもたらす音楽の影響力を示している」と好評した。

この日公開されたグローバルアーティストチャートでは、テイラー・スウィフトが防弾少年団に次いで2位に選ばれ、ドレイクとウィークエンド、ビリーアイルリ時、エミネム、ポストマローン、アリアナグランデ、ジュースワールド、ジャスティンビーバーが3〜10位に上がった。

「グローバルアーティストチャート」は、国際レコード産業協会が毎年、全世界で販売されている実物のアルバム販売量とデジタル音源のダウンロード、オーディオやビデオのストリーミング数値を合算して順位を付けるチャートである。

一方、防弾少年団は、昨年8月に発売したデジタルシングル「Dynamite」で「2021グラミー賞(GRAMMY AWARDS)」で「ベストポップデュオ/グループ・パフォーマンス(BEST POP DUO / GROUP PERFORMANCE)」部門受賞候補に上がった。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2021   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47403-70559eb1

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR