FC2ブログ

「エイプリル認めて謝罪せよ」イ・ヒョンジュ弟2次暴露[専門]




所属事務所DSPがガールグループエイプリルが全メンバーイ・ヒョンジュをいじめさせた疑惑を全面否認した中で、イ・ヒョンジュの弟と主張したネチズンが追加暴露文を載せて波長が大きくなっている。

3日あるオンラインコミュニティには「イ・ヒョンジュ姉弟です」というタイトルの文が掲載された。作成者は、「姉の会社とその他のエイプリルメンバーたちの知人の方々の話と両親に来る良くない文字を見て、何の罪悪感がないことを知った」とし「その方の主張に正確な理由が抜けており、姉だけ一人で変な人になって行くみたい具体的な事実を話すささげるならない」と述べた。

作成者は、イ・ヒョンジュが当初俳優をしたいと思っ所属事務所側の立場に反論した。作成者は、「姉はアイドル練習生生活をしているデビュー直前からいじめに遭い、このチームには、デビューをできないという考えを何度も会社に話しましたが、会社は数日休んで考えてみるという話と一緒にいくつかの説得をした」と主張しした。

また、デビュー確定後、本人の体力的、精神的な問題で活動に誠実に参加していないなどの困難を経験した」という主張には、メンバーたちのいじめからだったした。「帰ったらメンバーたちのいじめが少し良くうと思っていたものとはとても違った。むしろ、以前よりもひどくなって、すでに自分の選択に取り返しのつかないという考えと、その痛みを少しでも破ることができる避難所も一つなかった苦しい状況を自ら耐えてみる体に異常症状が多く現れた」ということだ。

作成者は、会社の傍観を非難した。作成者は、「姉はスケジュールと練習の間に、会社の仕事に行く途中で倒れることがたくさん見えた病気のを知っているメンバーとマネージャーはすぐに病院に連れて行かずに倒れた姉を放置もした」とし「結局、姉は呼吸困難と多くの痛みを患ったし、複数の病院を通って治療しようと努力した。これらのことに姉が誠実できず、それによって困難を経験したと思うなら人のようにやっていかもなかった姉はどうすればいたのだろうか」と伝えた。

続いエイプリルに向かって「少しの罪悪感がある場合はエイプリルメンバーの方は、自分がどのようにしていることだ知ってだろうと信じている。そうしてください認めて謝罪してくれ。明らかに、加害者と被害者は分かれる」と声を高めた。

また、「姉が病院を通っていた当時の病院側からこのままエイプリルメンバーたちと一緒にすると、今後、より痛いだろうという話を会社に伝え、会社は姉にチーム活動をするか、最初からの脱退を決定せよた」とし「姉は数月だけ休ませて異なり話した会社側からいけないとして、最終的に脱退をすることに決めた後、会社の説得で「ティンカーベル」の活動をした」と述べた。

作成者は、最終的にはイ・ヒョンジュが極端な選択をしたとして、2016年5月11日の緊急治療室の記録を公開した。それとともに「それでも会社では、病院に訪ねてきて姉に今日のスケジュールを行こうとした。姉はもう到底できないし、その場でその脱退することを決定した」とし「

最後に、作成者は、「ごお願いこれ以上姉の思い出とトラウマに触れないでほしい。少しでも姉の傷が癒されることができたら良いだろう」とし「これ以上の2車してはしないでくれ。そしてメンバー方は、ぜひ反省して謝罪して認めたら良いだろう」と付け加えた。

一方、イ・ヒョンジュは、2015年エイプリルでデビューしたが、1年後の2016年、健康上の理由でチームを脱退して俳優に転向した。以来、彼はKBS 2TVオーディション番組「アイドル再起動プロジェクトよりユニット」に出演して、プロジェクトをグループユニティで再デビューした。

次はイ・ヒョンジュ弟文専門

こんにちはイ・ヒョンジュ姉弟です。再びこのよう話をするようになるとの考えをでした。でも姉の会社とその他のエイプリルメンバーたちの知人の方々の話と両親に来る良くない文字を見て、何の罪悪感がないことを知っていました。その方たちの主張に正確な理由が抜けており、姉だけ一人で変な人になっていくみたい具体的な事実を話ししようと思います。

「まず、会社では姉がエイプリル構成当時演技者を望んだが説得して、チームに入れた」言いました。しかし、姉はアイドル練習生生活をしているデビュー直前からいじめに遭い、このチームには、デビューをできないという考えを何度も会社に話しましたが、会社は数日休んで考えてみるという話と一緒にいくつかの説得をしました。その過程の中で、再び戻ると、メンバーたちのいじめが少し良くだろうと思いました。塗ら会社で送った振り付け映像を見て戻って被害サイクル嫌いと部屋で一人で練習していた姿が記憶されます。だからこそ姉はただ演技を望んでいるしないと言ったことはなく、いじめが原因でできないとしていたのです。

また、「デビュー確定後、本人の体力的、精神的な問題で活動に誠実に参加していないなどの困難を経験した」と話したところ戻るとメンバーたちのいじめが少し良くと思っていたものとはとても違いました。むしろ以前よりもひどくなって、すでに自分の選択に取り返しのつかないという考えと、その痛みを少しでも破ることができる避難所も一つなかった苦しい状況を自ら耐えてみると、体に異常症状が多く現れました。そんな姉はスケジュールと練習の間に、会社の仕事に行く途中で倒れることがたくさん見えた病気のを知っているメンバーとマネージャーはすぐに病院に連れて行かずに倒れた姉を放置もしました。結局、姉は呼吸困難と多くの痛みを患ったし、複数の病院を通って治療しようと努力しました。その一方で活動のために薬を食べると睡眠が来てスケジュールと練習に支障を与えると方向下手取りまとめ食べに考えます。これらのことで姉が誠実できずそれによって困難を経験したと思うなら人のようにやっていかもなかった姉はどうすればしたのでしょう。前それ熱心に耐えてくれた姉にクールだとしたい申し訳ないとしたいと思います。

そして会社では、「状況や状況判断で誰が加害者や被害者に分けない」ましたが、絶対これはありません。いじめいじめがすべてを会社に姉は何度も話しましたすべてのものをググジョルジョルだ話したい、少しの罪悪感がある場合はエイプリルメンバーの方は、自分がどのようにしていることだ知ってだろうと思います。そうしてください認めて謝罪してください。明らかに加害者と被害者は行くします。

また、「ティンカーベルの活動当時本人がチームの活動のために医師を表明し、当社では引き止めたが、本人の意志が頑固てエイプリル脱退を決定するようになっ」ましたが、これはまた、抜けが多すぎます。姉が病院を通っていた当時の病院側からこのままエイプリルメンバーたちと一緒にすると、今後、より痛いだろうという話を会社に伝え、会社は姉にチーム活動をするか、最初からの脱退を決定せよました。姉は数か月だけ休ませてくれ話した会社側からいけないとして、最終的に脱退することを決めました。しかしながら、再び会社の説得でティンカーベルの活動をしました。その嫌がらせはますますひどくなった状態であり、姉も耐えられず多く逃げたかった。姉は宿泊施設からのヒムドゥルムを勝て会社の休憩室の床で寝て会社のシャワー室で洗ってティンカーベルの活動をしました。そんな中、スケジュールが終わって私たちの家族が過ごす本家で姉が来たこんこん泣いこれまであったことを話したことがあります。その当日は自分の車の座席に腐ったのり巻きを誰かが置いてそれを片付けにおいが出て香りをプリョヅたが後ろに来たメンバーのすべてのマネージャーが臭い出る怒って悪口をしたしました。このようなことがあまりにも多かった姉は耐えられずXX試みをしました。それでも会社は病院に訪ねてきて姉に今日のスケジュールを行こうとしました。姉はもう到底できないし、その場でその脱退することを決定しました。私たちに申し訳ありませんだとお金と申し訳ないというフレーズが書かれた花輪を送ってくれただけの二日間は、会社でも、メンバーや分からないことができないと思います。しかし、公式の立場は、多くの事実が消えていた、一見すると姉は、本当にただ誠実できず、チームを大変なトラブルメーカーのように見えます。

そして会社で2次立場出したものも見あまりに言いたいことが多く話します。まず当時姉の前に他のひそやかないじめがあった、それ知っていた姉は、当方を取りまとめてくれそう違えるといじめが大きくなったことは事実です。そして姉のタンブラーは何なのか、私も覚えてこの日程度です。亡くなった祖母が示されてくださった赤タンブラーだった姉の名札がついていました。宿泊施設のタンブラーが40〜50個あったのは、本当にとんでもない言葉です。そして姉のタンブラーに入れたのが納豆のか味噌かは分からないが謝罪どころか、ただ再び一つサジュミョンなるかとしており、姉は食べ所定の位置に戻して言いました。しかし、そのタンブラーは、会社の冷蔵庫に長期間放置されて、会社の従業員の方がタンブラーに書かれた姉の名前を見て、姉を混合出し、最終的には姉が値でした。

靴事件について話させて寝る会社でメンバーにプレゼントしてくれた靴がフィットします。メンバーごとにペアずつ計6ペアであり、そのメンバーの方姉の靴は、他のデザインであった。サイズが同じで、そのメンバーの方が先に靴を選んだ後、姉がナムウンゴルあったとしている。しかし、ある瞬間から、そのメンバーが姉の靴を続けて履いて通っ、姉は本人の靴みたい聞いたら、自分が山だとしました。だから姉が名前をメモしたことを確認して話したところ、その後、インポートがと靴をスローします。だから勘違いして起こったシンプルハプニングがない申し上げたい。しっかりとしたリンゴも受けられず、これらのことは、知られているよりもさらに多かった。

放送前悪口と生活関連のことを会社でない方は、ただ傍観だけ感じられます。上にも述べたように姉と家族は数回会社に姉のいじめの事実と苦痛を訴えました。これを知ってもなくなら姉は誰にいじめに遭ったのでしょう?加害者がなく、姉はなぜ一人で長い間苦しむたでしょうか?ご自分で反省し謝罪をお願いします。

そして、一緒に住んでいたマネージャーが一緒に傍観したことも事実であり、極端な選択の後、会社を訪ねた母は、メンバーが反省中という話を聞きました。しかし、話を終えて出てくる途中にメンバーに会い、私たちの母に挨拶をしなくて非笑っ過ぎたことは事実です。当時、会社でも、このことは、申し訳ありませんだとリンゴせにメンバーをお家に送るといましたが母が反省一つないリンゴをも姉を苦しめた理由のリンゴでもなく、姉の厳しい心を知って、本当に申し訳ない気持ちにする謝罪もない、ただの挨拶をしなくて嘲笑はものの会社でさせたリンゴは受けたくアンダミョ受けていない。

このすべてが私たちの姉をバカにするみたいとても腹が立ちます。姉は私は非常に幼い頃から踊りと歌演技すべてが好き、ぜひテレビに出てくる芸能人になりたいたし、本当にハードに努力して夢をかなえる姿がとても誇らしかった。そんな姉がそう難しいことを経験することを知ったとき、あまりにも怒ったが、当時の私は、さらに若くどのように役立つを与えることがあることをさえ考えられませんでした。今私に姉はあまりにも誇りに思って姉です。そのすぐ助けてくれず、とても申し訳ありません。

その一方で私たち姉はその後のXX試みとして、これまで両親に申し訳ありませんことを感じており、今では笑い話で無病長寿が夢だといつも屈せずに頑張っ素敵生きています。姉は私には本当に素晴らしいヒーローであり、尊敬する先生であり、両親です。姉が気楽に夢を広げることができ、そしてもう傷つかないように、必ず真実を知っていただきたいと思います。

記事の下部に姉の病院資料を添付します。姉の大変痛かった痕跡だからそうデータを上げたくなかった。ただ事実を知っている加害者の方が自分で申し訳を感じ謝るために望んだが、状況がそうではない、最終的にこのように上げました。姉はただリンゴを受けることを望んで。少しでも罪悪感と申し訳なを持って反省をしているの望んだが、今まで出てくる話を見ては、まったくそんなことはないと感じました。ごお願いします。もう姉の思い出とトラウマに触れないでください。少しでも姉の傷が治癒なることができていただきたいと思います。そしていつも熱心にする私たちの姉をたくさん応援して下さい。嫌わだけ受けるにはあまりにも素敵なお姉さんです。

もう2差しはしないでください。そしてメンバーの方は、ぜひ反省して謝罪して認めていただきたいと思います。応援してくださる方もあまりにも感謝いたします。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2021   0 comments   0 trackback
Category :トラブル

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47387-1ae6b236

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR