FC2ブログ

青い光のシャイニー、この不変の価値



スター+スポットライト」

シャイニー、正規7集「ドント・コール米」発売
ヒップホップのジャンルにまた一度変化と挑戦
シャイニーダウン魅力押し込め新譜
健在を証明した14年目のシャイニーの価値


グループシャイニー(SHINee)が帰ってきた。ヒップホップダンスのジャンルをタイトルに掲げたこれら別れに直面した状況で、「ドント・コール米(Do not Call Me)」と前よりもはるかに直接的な歌詞を吐き出す。強烈を越え「セン」シャイニーはどこか新しい。メンバーたちも、自分たちの「黒化」したと表現するほど君だ。

シャイニーは先月22日、正規7集「ドント・コール米」を発売した。第一印象は、「変化」と「挑戦」である。タイトル曲「ドント・コール米」は、シャイニーが初めて登場したヒップホップダンスのジャンルの曲で、愛に徹底的に裏切られた主人公が相手に電話しないように警告する内容を含んでいる。高速強烈なビット、ここにはヒステリックな感情まで加わった。

先にシャイニーは「エブリバディ」、「シャーロック」などで舞台をずっと息を殺し見なければならように荒くパワフルなパフォーマンスを見せてきたことがある。今回は強烈中重たさが感じられる。暗く読み取りた雰囲気が曲全般に流れる中で、これを消化するメンバーたちのボーカルやパフォーマンスはかなり感覚である。

2年6ヶ月というブランクが色あせるほどのメンバー4人のボーカル的な魅力は、よりはっきりとなった。さらにスマートでシャープに表現されたキーの声、滑らかのびるオンユの魅力的なボーカル、成熟し柔軟になったテミンのトン、曲の雰囲気を最大限にするミノのラップが完全にしたことに交わる。クイックビットに高難度の振り付けを消化する姿は節「やはりシャイニー」という感嘆をもたらす。

タイトル曲を聴いてシャイニーの新鮮さに魅了さとすれば、正規7集の全曲を鑑賞した後は、それほどだったシャイニーらしさにすっかりぬれ。「収録曲グルメ」、「バラードグルメ」などの修飾語をすべて証明出す多彩なジャンルの全9曲がリスナーの耳に巻く。

タイトル曲候補に挙げられたし、いくつかのメンバーが一番好きな曲に選んだ「コード(CØDE)」は、フューチャーサウンドダンスのジャンルに、夢幻的な雰囲気の中チョンリャンハムと疾走感を感じるいい。シャイニー特有のエネルギッシュな魅力を精一杯楽しむことができるポップ曲「ハートアタック(Heart Attack)」、「子供リアリウォントゥユー(I Really Want You)」も興をそそる。また、デビュー曲「お姉さんはとてもきれい」で「ラブ式(Love Sick)」につながった年下の男の愛書士は今回のアルバムの収録曲「メリー・ユー(Marry You)」に接続された。「四季した「・」四季後」に続くもう一つの楽しみだ。シャイニーのアルバムで欠かせないのはバラードだ。毎カムバックにこれらのアルバムは「名盤」と呼ばれることができたデエヌンシャイニーバラードの影響も大きかった。その間「透明傘」、「リプレイ」、「あなたの歌になって」、「離れることができず」、「寝言」、「インマイルーム(In My Room)」などのタイトル曲とは全く異なる感性的なバラードもリスナーから好評を得た。今回の正規7集には、ポップバラード「空白(Kind)」が収録さ、甘いアコースティックギターサウンドに上げられた温かい歌詞が穏やかな余韻を与える。だけでなく、最近では、YouTube「アイユのパレット」に出演して歌ったアイユ、原曲の「名前に」が話題を集めて「バラードも上手シャイニー」の真価を再証明したという絶賛を得ていることもあり。


20210302100126d60.jpeg

グループシャイニー/写真= SMエンターテイメントを提供

間違いなくシャイニーの色を十分に、ものさびしく込めたカムバックという気がする。そうするうちに突然シャイニーの色が正確に何であるかの問いが生まれた。アーバンR&Bジャンルの「お姉さんはとてもきれい」でデビューして以来、破格的なパフォーマンス中心のダンス曲「シャーロック」・「エブリバディ」、EDMベースの「ビュー」・「ピックアップが」などを多彩に披露した。今度はヒップホップジャンルの「ドント・コール美」をはじめ、収録曲の中にはレゲエのジャンルである「ボディリズム(Body Rhythm)」まである。ジャンル的に着実に変化と試みを重ねてきた。私たちは毎回見たことない、新しいシャイニーを満たすことができた理由でもある。

一つの単語として定義するのは難しい真一途青い光が感じられる。様々な試みを「シャイニー化」するが涼しく心地よい緑は14年車された彼らの次のをより気にする力であるようだ。今回も新しいジャンルの中でも、シャイニーらしさはそのままに、さらに濃く光を放った。柔和、ミノ、キーの軍服務のために完全体の活動空白期が長くなったことにもソロとスーパーエム活動をして音楽的力量を確かなものに固めてきたテミンを中心に再び健在を証明やり遂げた。
「私達が考えているシャイニーダウンは音楽的に定義そういえば難しいと思います。シャイニーがするのが一番シャイニー化されるようです。個人がチームに団結した時を示すことができる私たちだけの感じがのです。年次が高くなるほど、その領域を拡大しながら、よりボールドに(濃く)変えていかなければないかと思います。」
シャイニーはカムバック記者懇談会で「シャイニーらしさ」についての質問に上記のようなヒョンダプを出した。率直で飾らないと思うのすぐうなずける。

音楽、ダンス、ファッションのすべての部分で現時代に合ったトレンドを提示して導いて私と言って掲げた「コンテンポラリー(contemporary、現代の)」という修飾語は、もはや強調していなくても、自然にシャイニーに溶け込んだ画像になった。果たしてこれに加え「シャイニーらしさ」があるか。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 02.2021   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47380-c624136f

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR