FC2ブログ

防弾少年団ジェイホップ、自作曲「Blue Side」発売 "快適に聞いてください」




グループ防弾少年団のメンバージェイホップ(本名ジョンホソク)が3年ぶりに初めて完成した自作曲「Blue Side」(ブルーサイド)を公開した。

ジェイホップは3月2日0時防弾少年団公式サウンドクラウド、ブログなどを通じて「Blue Side」の音源を無料公開した。

この曲はジェイホップが作曲Hiss noise、ADORAと一緒に作った曲だ。未完成のバージョンは、2018年に発売されたジェイホップの最初のミックステープ「Hope World」(ホップワールド)に最後のトラックで収録された。

ジェイホップは「たとえまだ一曲に過ぎないが、音楽的には少し成熟なっているという姿をお見せしたかったさらに今後も挑戦し発展し成長した姿でお会いしないことしっかりしている心も込めて発表した曲」とし「きれい入っていただいて、快適なお気に入りほしい」と語った。

次は、ジェイホップのブログ記事に特化。

3月2日です。Hope Worldというミックステープが出て3年になる日イギヅんです。

その時、その時代はひたすら私の音楽を聞かせて差し上げたい急心に体が先頭に立た、

202103020921022f9.jpeg

第創作が導かれるように頑なに書い下がったような記憶がありますが。

そのためか、もう一度聞いてみると、きまり悪いこともあって恥ずかしかっもしたようです。笑
それとともにその時代だけの勇気と心構えがこのHope Worldというミックステープを作ったみたいだしね。

ところで時々その時代が懐かしくもあります。
鉄なしに導かれるように書いて降りていった純粋だった少年の音楽日誌。

Blue Sideを完成させなければならという考えの開始は、その感情が始まりであると思います。
人は誰でも、昔のもの一度は感情移入がしてあって、ホームシックや乗り用意と思うのですが、最近ぴったりその時点で巨大ガトドラグヨ。

作業をしながら純粋だったあの頃、白紙の状態の私を導いたリーは、通り描いて詰め見る子供の頃の私。

戻ることはありません一度は、その懐に抱かれ、今の私を慰めて熱く盛り上がった私
物静か冷静に冷ましてくれる多方面の青い避難所が必要だったんです。

時間が経つにつれて、なぜ曲をすべて使わないのだろうか?」という問いの答えもますます整理がんですよ。
音楽的に私盛り込むことができた部分に過分のテーマであっただろうしでも「いつかは自分自身が感じて知っているだろう?」という運命的な意識を持っていたと思います。

たとえまだ一曲に過ぎないが、音楽的には少し成熟なっているという姿をお見せしたかった
さらに今後も挑戦し発展し成長した姿でお会いしないことしっかりしている心も込めて発表した曲です。

きれい入っていただいて
、快適にお楽しみください。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 02.2021   0 comments   0 trackback
Category :KーPOP

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47379-18b3777f

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR