FC2ブログ

ビッグヒット、昨年の営業利益1424億ウォン...前年比44%増



ビッグヒットエンターテインメント(議長パン・シヒョク、以下のビッグヒット)が2020年の創立以来、最高の年間実績を記録した。

ビッグヒットは、2020年の年間売上高7963億ウォン、営業利益1424億ウォン、当期純利益862億ウォン(K-IFRS連結基準、外部監査人の会計監査が完了する前の会社の仮決算数値)で暫定集計された23日に発表した。売上高は、2019年比で36%増、営業利益と当期純利益は、それぞれ44%、19%増加した数値でコロナ19ファンデミク状況でも、創業以来最高の業績を記録した。

ビッグヒットはこれと共に、2020年第4四半期の売上高は、3123億ウォン、営業利益525億ウォンで、それぞれ前年同期比117%、122%増加したと発表した。また四半期の業績には、創立以来、最高数値だ。

アルバム販売の好調と事業部門での選んだ成長が売上を牽引した。防弾少年団とセブンティーン、トゥモローバイトゥゲザーと円ハイフンなどを筆頭に、2020年にはビッグヒットラベルズアーティストのアルバム販売量は合計1322万枚(加温チャート基準)に達した。その結果、アルバム部門の売上高は前年比196%増の3206億ウォンだった。ビッグヒットは、昨年5月にプレディスエンターテイメント、11月にKOZエンターテイメントを買収、ビッグヒットとビリープレプ、ソスミュージック、プレディスエンターテイメント、KOZエンターテイメントなど合計5つのマルチラベルシステムを備えている。

事業部門での選んだ成長も売上伸長に寄与した。コロナ19により公演の売上高が減少したが、公式グッズ(MD)とライセンス、コンテンツ、ファンクラブ関連の売上高が2019年比でそれぞれ53%、71%、66%増加した。ビッグヒットは、今後も事業部門別バランスのとれた成長を推進する計画である。

グローバルファンコミュニティプラットフォーム上のバス(Weverse)の成長も続いた。2021年2月に積み上げアプリダウンロードすることができ、約2500万件を記録し、海外の大型ラベル所属アーティストたちも続々位バスに参加したり、合流計画を発表するなど、上記バスは、「グローバルNo.1ファンプラットフォーム」としての地位確立している。

ビッグヒットは「コロナ19状況の中でも硬く揃った事業構造があったからこそ過去最高の実績を達成が可能だった」とし「ビッグヒットラベルズ所属アーティストの継続的な成長と一緒に買収・合併(M&A)のような比喩奇跡の成長を介して事業範囲を続けて拡張していく戦略を持っている」と述べた。

また、「最近発表された、上記バス・カンパニーを通じたネイバーのVライブ部門正、ユニバーサルミュージックグループとのパートナーシップなどをはじめ、今後も様々な方法で、外部パートナーとの協力を通じた成長を続けていく予定だ」と付け加えた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2021   0 comments   0 trackback
Category :時事

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47339-d704157b

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR