FC2ブログ

「ハーシー」イムユンア "多くの課題を通じて学び、成長"放映終了所感




イムユンアが6日放映終了したドラマ「ハーシー」で熱血記者ででき役を引き受けて熱演を広げた。彼は所属事務所を通じて「多くの課題をしたくさん学び成長することができた」と放映終了所感を語った。/ SMエンター提供


6日放映終了した「ハーシー」で所信記者ででき役熱演

[詳細ファクト| ジョンビョングン記者]歌手兼俳優イムユンアがドラマ「ハーシー」放映終了所感を伝えた。

去る6日JTBCグムトドラマ「ハーシー」(脚本キム・ジョンミン、演出チェギュシク)が探査報道チーム」HUSH」の熱い反乱と沈黙を超えて真実を明らかにする話で幕を下ろした。イムユンアは現実に妥協することなく、ストレートする所信記者ででき役を演じ、特有の炭酸化法と真正性溢れる演技で「青春共感キャラクター」を完成した。
特にイムユンアはヘアから衣装まで全ての変化を与えた新しいビジュアルはもちろん、繊細な目つきと正確なディクション、安定した声のトーンで演技スペクトラムを広げたが、好評を得て、俳優としての存在感をもう一度刻印させた。

イムユンアは所属事務所を通じて「「ハーシー」は、私が多くの課題をしていた作品であり、また、多くの方の助けがあったからこそ、最後まで撮影することができた作品です。で数一回一回の成長を遂げていったかのように私もこのドラマを通じて、多くのことを学び成長することができた。ジスという人物に会って演技して新しい姿をお見せすることができており、楽しかった」と所感を伝えた。

続いて「良い監督、作家、スタッフの方々に会った、本当に良い先輩たちと呼吸して演技することができ、撮影する終始ありがとうございました。このドラマを通じて各自の席で熱心に生きている方、少しでも上と応援を伝えたかった、その心が届き機心から願う。」ハーシュ」を大切に愛してくれたすべての方に感謝している」とあいさつした。

イムユンアは映画「空調2:インターナショナル」(監督イ・ソクフン)でパク・ミニョン役にキャスティングされ、すぐに撮影に突入する。また出演映画「奇跡」「(監督イジャンフン)が今年封切りを控えている。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2021   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47284-5ca2f130

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR