FC2ブログ

「月が浮かぶ川家 "キム・ソヒョンXジス、想像していた理想的なキャスティング"




月が浮かぶ川ハン・ジフン作家が平安とオンダルの話をドラマにした理由を明らかにした。

15日初放送されるKBS 2TV新しい月火ドラマ「月が浮かぶ川」(脚本ハン・ジフン、演出ユン・サンホ)は、高句麗の生活の全てだったプリンセス平安(キム・ソヒョン)と愛を歴史に作成された将軍オンダル(ジス)の運命にカキしていない純愛を描いた作品である。存在する高句麗の説話に想像力を加えたフュージョン史劇ロマンスで注目されている。

「月が浮かぶ川」は、平安姫とオンダル将軍の説話で始まったドラマだ。誰もが知っている人の愛の物語が2021年テレビでどのように復活するか多くの人々の好奇心を刺激する。特に「犬とオオカミの時間」、「ドクタージン」、99億の女」などでしっかりとした筆力を見せたハン・ジフン作家が台本を執筆して、その期待がより一層熱い。これハン・ジフン作家に直接「月が浮かぶ川の話を事前に聞いてみた。

まず、ハン・ジフン作家は「月が浮かぶ川を執筆した理由を問う質問に「子供の頃の絵本で読んだ平安姫とバカオンダル話をいつか分極てみたいという欲があった」とし「身分を超える美しい愛の物語である同時にエキサイティングな英雄のサクセス・ストーリーであるという点に惹かれた。誰でも知っている誰も知らなかった平安、オンダル話を描いてみたい」と答えた。

次に、ハン・ジフン作家が平安とオンダル説話をドラマに移しどんな点が変わったのか。彼は「飼料に残った平安、オンダル話は行間がたくさん空いている」とし「姫がバカに詩集を行って、馬鹿は突然大将軍になる。起こり難しいことの間にいくつかのつながりがあるのか想像して、埋めていき、より劇的に変えた」と話した。続いて「説話に基づいていたが、多くの部分が想像の産物である。その違いを見つける楽しみは、視聴者の分け前として残したい」と付け加えた。

また、台本を書いた作家として、平安とオンダル役を演じたキム・ソヒョンとジスのキャスティングを聞い「想像していた理想的なキャスティング」と言って"数値に換算すると、120%のシンクロ率である」と絶賛した。

これと共に「キム・ソヒョン学ぶ散水と王女としていくつかの顔を見せるために魅力的な雰囲気と優れた演技力で、いつの間にか自分だけの平安を作り上げた。ジス学ぶ純朴で愚直な、時には猪突的なオンダルにぴったり当てはまるルックスとフィジカルを持っている"とし、 "二人の俳優の魅力に実装された文字がしっかりとした化学作用を起こすだろ期待する」となぜ最高のキャスティングであることを具体的に説明した。

一方、平安姫とオンダル将軍、誰もが知っているが、誰も知らなかった話を描いていく「月が浮かぶ川」は、来る15日午後9時30分初放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2021   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47270-4c9963a9

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR