FC2ブログ

「ロンオン」の最終回の結末、イム・シワン・シン・セギョン・ガンテオ・チェ・スヨンの約束



「ランきた」が幕を下ろした。


JTBCドラマ「ランきた」(脚本パク・シヒョン、演出イ・ジェフン)が共に"完走のために」を叫んで、現実的なハッピーエンドで、過去8週間の旅を終えた。あまりにも他の世界で生きてきたので、お互いの言語を理解しにくかったこれらの他の人だから、一生お互いを理解していなくてもソウンヘやめようとし、「私たち」であっすることができるの愛を約束した。

去る4日放送された最終回で汽船兼(イム・シワン)とオアメリカ(シン・セギョン)は言葉がよく通じるの間、言わなくても「愛しているから」心を知っている間にさらに進んだ。父の固定も(パク・ヨンギュ)が党内予備選挙の候補であるノー根性(イドヨプ)議員を削って行うため、姉期ウンビ(類アベル)とのスキャンダルを意図的に爆発させたという事実を知ることになって傷を受けたソンギョムはアメリカから再び「なでなで「上を受けた。そして、その上にに受けたエネルギーと彼だけの方法で姉をなでであり、母陸右(チャ・ファヨン)も事実を知らせた。彼女はハリウッド進出のためのミーティングを放棄してまで離婚を選択した。機程度は、最終的に落選し、政界引退まで示唆した。その両方の前にあった石ころを片付け、ソンギョムは、エージェントとして、アメリカは映画翻訳であり、それぞれの桁で真っ直ぐに桁を保持取って、いつ、どのよう前か分からなかった愛をいい、共に未来を描いていった。

父署名済み(李滉)会長の死の後、より上に上がっていくためには本当に時間がなくなったから優雅(チェ・スヨン)はこの映画(ガンテオ)に予見された別れを告げた。映画は完成した絵を伝え、心をきれいに整理して大事にする「最初の愛」のための最善の道を選んだ。表面的的には「サッドエンディング」のように見えることがありましたが、優雅との愛はこれから感情を学び成長した「基礎工事」のようなものを受け入れた。その「最年少副社長」とはファンタジーのようなことをやり遂げた優雅はギャラリー新人作家展で映画の映像を発見した。今回も一気に「見たい」と言って、図の意味を読んで来て、自分も「見たい」だ詠唱しまった。ちょうど美術館を訪れた映画の目にそう見たかったし、まだ自分がプレゼントしたスニーカーを履いている優雅があった。このように幸せな時間をプレゼントして末永く残るロマンスを完走した「ランきた」が、8週間書き出す間の「9招待」の記録を見て回った。

#。私成長させてくれる人、愛

どこか一箇所ずつ壊れて不足があった人々が会った。しかし、これらは、傷を克服していく過程の中に、完全な「私」があった。強いて守ってきた自分の結果を変えたり、相手のための枠組みに入れ合わせたり、素顔を隠さなかった。ひっそり自分の価値を守っていくことができる成長だった。誰かを好きなのは知らなかった私を知っていく過程でもあった。有毒自分自身にうんざりしていたソンギョムはアメリカを介して自分を覗きながらしたいと思い、愛すること、そしてしたくないことを表現できるようになった。主流に住んでいる人のように見えるためとかなり努力したアメリカは、線鎌"本当によく育った大人」という自分を愛しになった。"私は私と一番よく過ごしたい」と約束と一緒に、お互いの存在で自分の価値を高めた人物たちの成長と愛は、その視聴者にも暖かい元の叙事詩をもたらした。

# "それぞれの速度"→「違い」の価値

「ランきた」は、それぞれの速度で生きる人々を介して「相違」の価値を話した。時には誤解が生じ、コミュニケーションの難しさを経験が、最終的にはお互いに染み込むことができた理由は、「違い」を認めたからだ。ソンギョムとアメリカは、異なる世界を並べておくことにしたし、優雅と映画はあえてそれぞれの世界に無理に入らなかった。各カップルが「今後も幸せ長い長い住んでいた」という式のハッピーエンドではない、現実的には幸せに見えたエンディングを右理由もここにある。俳優として名前席者掲げ買お子供に関心をこぼさなかった陸地へ早い年齢での妊娠と離婚を経験した東京(ソジェフイ)は、「ママの役割が正しくなかった」自責したが、かといっママではなく、ではなかった。基ウンビの言葉通り「ママ」という名前は同じでも役割は違って、高イェジュン(キム・トンヨン)の上にように他のは間違っているわけではないからである。思わず渡した言葉と行動が線を超える無知になることも、不快を誘発する無礼になることもある状況を指摘して、むやみに基準を定めていない姿勢も重要だという話は、この「相違」の価値にもっと力を載せた。時代感受性を入れた洗練されたドラマという好評が絶えない理由だった。

#。本気で一つになった暖かい「作ガムベ」シナジー

無理な設定で作られたドラマチックな事件で誘発される疲労せずに、それぞれの解釈で一緒に共感して疎通し登場人物たちを応援することができるという事実は、視聴者が「ランき」を愛していた最大の強みであった。「言葉の味」が生きているパク・シヒョン作家のふっくらと飛ぶ大使の中に、それぞれの人物を心から撫でる暖かい感性が溶けていて、感情の変化と成長過程を繊細に描いたイ・ジェフン監督の演出は、その感性が完全に生きていた。そして、それぞれの人物に生命力を吹き込んだ俳優たちの熱演は、その相乗効果に傍点を撮った。「すべての文字の生活を疎かに描かない努力した。これらこれからもっと愛して楽しく生きるという幸せも現実的な結末を込めて出す「たイ・ジェフン監督のメッセージ通り、ドラマの中のすべての人物が登場した最終回のエンディングは、暖かさの温度を最大に上げた。ドラマが終わっても、人物の現在のを想像して見て、その暖かさの余韻を永く感じることができた理由だった。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2021   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47243-451e8a9a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR