FC2ブログ

「勝利号」ソン・ジュンギ「撮影当時やけくそ状態...太と似てましたよ」



俳優ソン・ジュンギが離婚後、映画「勝利号」に出演した感想を伝えた。

2日映画「勝利号」プレスカンファレンスがオンラインで行われた。この映画を演出したチョ・ソンヒ監督とソン・ジュンギ、ギムテリ、ジンソン規制、ユ・ヘジンが参加した。

ソン・ジュンギは「映画の中の太湖に接して自暴自棄が浮上した。生活のすべてを降りた停滞した人物だと思いながら始めた。実際ソン・ジュンギの心の状態とテホは似ていた」と話し始めた。

続いて「太湖が様々な紆余曲折を経て自暴自棄した状態で、今の(勝利号)クルーたちに会った。人生のひもを与え得るような容器を少しずつ得る意志を持つようになる人物だと思っていた」とし「その意味でクルーが太湖のたくさん助けてくれたようだ。そんなことを考えながら、太文字とコントラストを見せようとした」と打ち明けた。

また、ソン・ジュンギは、「勝利号」が韓国初の宇宙SF映画ということについてときめいたりして楽しみにされるとし、「負担感は、おそらくチョ・ソンヒ監督が一番大きくないだろうかという気がする。韓国初の宇宙映画、国家代表のような感じの負担を持ってたくないでしょうが負担になるだろう」と語った。

続いて「私は逆にときめいたりして期待される点が多かった。子供になったようだ。シナリオを見て「グーニーズ」という映画が考えたよ。楽しく冒険を去るような感じがした。代わりに「勝利号」の背景が宇宙飛行士だけだ」と付け加えた。

「勝利号」は、2092年を背景にした国内初の宇宙SF映画だ。宇宙ゴミ掃除線勝利号の船員が大量破壊兵器として知られている人間型ロボットを発見した後、危険な取引に飛び込む話を描く。5日ネットフリックスを介して公開される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 02.2021   0 comments   0 trackback
Category :映画

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47228-0f4ca1b4

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR