FC2ブログ

このようなソン・ジュンギたことがあり?... 「勝利号」と「ヴィンチェンツォ」



全く新しい姿である。俳優ソン・ジュンギが、様々な色の作品を通じて、今まで見られなかったキャラクターを予告した。公開を控えた映画「勝利号」とTVドラマ「ヴィンチェンツォ」を介していくつかの演技を見せてくれる注目される。

「高齢者や女性と子供は守らなければならない」(KBS2「太陽の末裔」中)といってい正しいユシジントラックは忘れろ。お金になることなら何でも、それは常にアルゴジなパイロット太に変身した。「勝利号」は、2092年宇宙のゴミを食うために勝利号に上がった船員が、大量破壊兵器ドロシーロボットを発見しながら発生する話を盛るストーリーで、国内初の宇宙SF超大作を目指す。

ソン・ジュンギは、「「オオカミ少年」の撮影当時チョ・ソンヒ監督から「勝利号」のプロットを聞いて、チョ・ソンヒ監督スタイルの温かく愉快な韓国的な話だと思った」とし「大韓民国映画界で最もユニークな監督だと思う」とした。続いて「シナリオを表示前に出演を決めただけ本気で監督を信じた。無条件したかった。他の誰にも太湖を任せることはできないと思った」と伝えた。来る2月5日ネットフリックスを通じて発表予定。

202102012236263c9.jpeg


変身はここで終わりではない。来る2月20日初放送されるtvNドラマ「ヴィンチェンツォ」を通じて悪魔の弁護士に登場を予告した。この作品は、定義の実装のために悪役を自任するこれらの話で明らか因果応報、勧善懲悪のストーリーではなく、違ったスタイルを予告した。

ソン・ジュンギは劇中ヴィンチェンツォか佐野キャラクターを務めるためにイタリアのマフィア担当弁護士出身だ。冷徹な交渉能力を持ったが、複数において血も涙もない。今まで彼のフィルモグラフィで見ることができなかった線を担保にした悪魔のキャラクターを完成させることができるか注目される。自分のキャラクターについて「ヴィンチェンツォは外見は韓国人だが、骨に、イタリアの情緒を持っている」とし「生涯日陰で異邦人に生きてきたので、近くの間にも本音をから離さない孤独な存在だ。そんなヴィンチェンツォが変化していく様子は、興味深いポイントになるだろう」と伝えた。

表は硬く、中はしっとり。ソン・ジュンギの演技種目だった。艶に見えるが、実は暖かいスタイル。しかし、二つの作品を通しとんでもないことから鋭さ、アクラルハム、そして人間味のある姿まで期待試みることができるはず。来る2月果たしてどんなソン・ジュンギが見つけてくるか。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2021   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47225-19085594

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR