FC2ブログ

「常習麻薬拘束」ファンハナ「夫」極端な選択→死亡」の責任はない感じ」[総合]




南陽乳業創業者の孫娘であり、有名なインフルオンソファンハナ氏が執行猶予期間に薬物を投入した容疑で拘束された。

去る7日、ソウル西部地裁巻経線令状担当判事は、麻薬類管理に関する法律違反の疑いを受ける黄河私拘束前被疑者尋問(令状実質審査)で、「逃げと証拠隠滅のおそれがある」と拘束令状を発行した。

この日ファンハナで麻薬投薬した周辺の人がすべて非常選択した責任を感じか」「前の恋人に麻薬投薬関連虚偽の陳述を強要したのか」「バチカンキングダムを会ったか」」という質問に「いいえ」と答えた。

ファンハナ2015年5月から4ヶ月間、一般知人にメタンフェタミンを買収、ソウルの自宅などで3回にわたり投薬した疑い、昨年4月向精神薬であるクロナゼパムなどの成分が含まれている睡眠薬を処方せずに使用した容疑などで懲役1年に執行猶予2年を宣告された。警察の調査の過程で、共犯として元恋人のパク・ユチョンを名指しして波長を起こすこともした。当時パク・ユチョンは、無実を主張し、「疑いが認められた場合に引退する」は、超強気を置いたがヒロポン陽性反応が出て懲役10月に執行猶予2年を宣告された。

以降、執行猶予期間の昨年12月にファンハナ龍山警察署に麻薬類管理に関する法律(麻薬類管理法)違反の疑いで立件された。執行猶予期間が終わる前に薬物疑惑でまた一度立件されたもの。当時ファンハナの夫氏は「黄一つが眠っているときにこっそりヒロポンの注射をおいた」と容疑を否認して、その年の10月に婚姻届をした。

これと関連し、大統領府国民請願掲示板には、ファンハナ暴露し、ファンハナの処罰を促す文が上がってきた。12月17日、他の薬物事件で調査を受けたファンハナの知人南さんが極端試みをした後、重体に陥ったこと。請願人は「麻薬事犯黄氏は、現在までに着実に再犯を犯している。周辺の証言と自白にもかかわらず、捜査機関の微温的な反応で捜査円進展がない」とし「これのように麻薬を投薬した知人は、現在の極端試みをして生命が危篤状態」と主張した。

2021010813382058f.jpeg

五日後ファンハナの夫オ氏は、警察に出席して、以前の陳述を翻意すると発表した。オ氏は、自分の知人との通話でファンハナさんの依頼を受け虚偽の陳述をしたと打ち明けた。

さんは知人に「私たちはすべて正直に言えばいいじゃない(黄)一つが(8月)15日に来て、桑ただけで、最初から最後まで..とにかく私の真実を言うに行っているのだから龍山(警察)で行ってい」という録音を残したが陳述翻意をしていないまま二日後、自分の家で生を終えた。そして遺書には「黄河私薬物に引き入れ申し訳ない」という趣旨の文が残っていたことが確認された。

これオ氏の知人は「極端な選択をする友人が絶対ではない」とし「(オ氏が)最後にどのような状態であった誰と連絡をし話も最後まで悔した」と話して気がかりなことを高めた。警察も関連録音ファイルを確保し、事実関係を調査中だ。

ファンハナはまた、昨年11月に、高級衣類などを盗んだ疑いでも警察の調査を受けている。ソウル江南警察署は被害者の陳述を受け付けて事実関係を把握している。

一方、南陽乳業は6日、「黄氏関連の記事の中に継続的に南陽乳業が言及されて当社が受ける被害が非常にマキシムである」とし「ファンハナ氏関連の事件は、私たちの南陽乳業とは少しも関係がない」と線を引いた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2021   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47109-5c047d10

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR