FC2ブログ

"非難の視線に悪夢 - 自責" ... 「聞いて菩薩」キム・ヒョンジュンの暴行論議告白、復帰可能か



SS501出身の歌手兼俳優キム・ヒョンジュンが元ガールフレンドとの議論の後心境を告白した。

4日放送されたKBS JOY「何でも聞いて菩薩」ではキム・ヒョンジュンが依頼人として出演した。彼は「人々の視線がきれいではない見て生活する上で萎縮される。明るく生きていくことができるか」と伝えた。

キム・ヒョンジュンは、2014年の元ガールフレンドAさんが暴行の疑いで告訴し私生活論議に巻き込まれた。以来、キム・ヒョンジュンとAさんは妊娠暴行遺産親子訴訟などの法的攻防を繰り広げ、この過程では、Aさんとキム・ヒョンジュンの会話の内容をはじめとする私生活が一つ一つ公開され、大きな打撃を受けた。

最高裁は昨年末Aさんがキム・ヒョンジュンを相手に提起した損害賠償請求訴訟の上告審宣告期日でキム・ヒョンジュンの手を挙げてくれたが、キム・ヒョンジュンは、まだしっかりとした活動をしていない。

続いて、 "当時29歳だった。私はよくやったとすることはできない。毎日自責して週に一度の人が私を非難する夢を見る。親しい人の前ではいつものように過ごすことができるが、見知らぬ人を見ると、私を非難するつもりだという気がする芸能界同僚にも連絡できないよ。私自身が避けなければなられる人であり、私と親しいことになればいいことがないたく連絡を絶った」と吐露した。

ソ・ジャンフンは「活動を再開したのか」と尋ねキム・ヒョンジュンは「着実に音楽活動はしていた。何度も説得いただき、独立映画「箪笥」も撮るした。撮る余裕がだめ負担と拒絶した監督や、またはならない説得いただき、カメラの前た。久しぶりに撮影なんていっぱいになった。私がよくすることができるのがイゴンデこれまで何ハンゴジたい最後だと思って、私のすべてを置いて撮っ米国独立映画祭で賞受けた誰もが興味を持たない」と打ち明けた。

オリジナル表示
オリジナル表示
キム・ヒョンジュンは、済州島でスキューバダイビングをして心身を安定した。そうするうちに、最近済州島のレストランでのCPRで人を救った事実が知られている話題を集めることもした。

彼は「心肺蘇生法を3分間した瞬間は正直怖かった。無駄なことにつづりがはないかと考えた。市民は7〜8分に起こった。利己的だった自分自身が恥ずかしかった」と話した。

ソ・ジャンフンは「以前のようによくなりたいという心のために萎縮さだ。完全になかったことができない。一生付きまとう。過去を輝石させることができるのは真正と努力」と、イ・スクンは"悪質な書き込みでも何でも受け入れるならない。わたしにより開始されたことは耐えなければならない。心を大きく食べぶつかってみるという気持ちでなければならない」と忠告した。

キム・ヒョンジュンは"傷を抱いて行かなければならないという考えをできなかった」と伝えた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 05.2021   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47094-63427fc6

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR