FC2ブログ

「アバウトタイム「PD」ユンホ、わけもなく情熱マンスールないよ」



ユノ「アバウトタイム」初のランナー

放送史上初の時間オークション芸能「アバウトタイム」が最初のレジェンドユノの撮影ビハインドを公開した。

ウェーブオリジナルウェブ芸能」の時間を生きる人々 -アバウトタイム」(フォーマット企画ギムフイス)の演出を引き受けたノスンホPDはユノの「情熱マンスールニックネームのように撮影毎瞬間の情熱があふれた」とし「最初のインタビューの時から決められた時間よりもはるかに長くなったかもしれない話をするほど積極的だった」と絶賛した。

「アバウトタイム」は、ビタミンチブイから独立し製作最初の著作権を確保し線製作されただけに、放送の歴史において重要な課題であり、成果だ。時間オークションという素材も、これまで見られなかった新しい試みなので、24日ベール脱いだ1回から熱い話題をさらっている。意味のある出発点にユンホが初週者掲げた点非常な注目を集めた。

制作陣は「Kポップのグローバル化を導いた主役であり練習生の時から格別な情熱を持ってメンタル管理が徹底していたのは、すでに業界の人々に定評がある」とし「わけもなく情熱マンスールと呼ばれものではない。「アバウトタイム」企画趣旨に最も適合されて最適化された主人公だった」とユンホを交渉した背景を説明した。

また「名言を好きなMCカン・ホドンとバトルを繰り広げるほど初回から胸に響く語録があふれた」とし「もう一度正しい生活マンということを改めて感じた」と付け加えた。

印象深かった場面では、カン・ホドン、イ・スグン、神童と線トーク時ユンホが父を思い出したことを挙げて「最も尊敬する人物を話すとき躊躇せずに、父と話した、それしかない事情を聞いて製作陣も深い感動を受けた」と描写した。

続いて「果たしてどんな人が自分を見てくるか、二人だけのタイムルームでどんな姿で出会いを持つようになるのか、非常にときめく表情だった。オークション落札がされるたびに多くの驚き、心から感謝した」と伝えた。

これとは別に「もし自分が時間オークションで会いたい人」を尋ねた質問に、ユンホは「チョ・ヨンピル、マイケル・ジャクソン」と答えたし、「本当に骨に音楽に対する情熱を垣間見ることができた」と製作陣は言った。

ユノの時間オークションのフルバージョンは、ウェーブ(Wavve)で確認することができ、「アバウトタイム」は、毎週木曜日の午前10時の波の新しいエピソードを独占公開する。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2020   0 comments   0 trackback
Category :未分類

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47057-337324f7

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR