FC2ブログ

イム・ジュファン "実際愛する人のために何する方です」



「私を愛したスパイ」放映終了...産業スパイ悪役「変身
」ユインナ 良い俳優...ムン・ジョンヒョクと呼吸楽しかった」
2021年には40代... 一歩ナアガギル期待"

"愛を守るために残しても愛の方法であり、守ってくれることができる人を正しく知って知らせることも愛だと思う。結末に惜しい点はない」

去る17日放映終了したMBC TV水木ドラマ「私を愛したスパイ」に出演した俳優イム・ジュファンは、最近ニューシスとの書面インタビューで、「今のような時期にドラマがよく仕上がりになってよかった」と愛情のこもった放映終了所感を伝えた。

「私を愛したスパイ」は、秘密多くの二夫ムン・ジョンヒョク(前ジフン役)、イム・ジュファン(デレク県駅)と情報戦に巻き込まれたユインナ(川美しい駅)のスリル満点シークレットロマンチックコメディだ。

イム・ジュファンは美しいの現夫であり、外交公務員に偽装した産業スパイ」デレク県」に扮した。たとえ悪人だったが、アルムイへの愛に自分を犠牲にする役割を繊細に表現したという評価だ。

デレクは愛する女性をごまかして生きていく人物であった。彼は「実際の私も嘘をしないとすると嘘だろう」とし「しかし、私が大切に人には嘘をつかない」と述べた。

202012261045430c1.jpeg

それでも愛する女性のために何尽くす人物だった。彼は「私もデレクと同様のスタイルのようだ」とし「愛する人には必要なものは何でもする方」と笑った。

ユインナ、ムン・ジョンヒョクとの呼吸は言うまでもなくとても良かった。彼は「有人私あまりにも良い人だった。すべてのものの反応してくれて答えをくれた」とし「すべてのものを受け入れ、すべてを表現する良い俳優」と褒め称えた。

ムン・ジョンヒョクには、「撮影中も面白かった。続く撮影スケジュールの中でも先輩と一緒にした時間は、まるで学生時代の合間の休み時間だった」とし、「とても楽しかった」と回想した。

2004年SBSドラマ「マジック」でデビュー、いつのまにか17年目俳優である彼は、最も惜しい作品で去る3月放映終了したMBCドラマ「ザゲーム:0時に向けて」を挙げた。「私引き受けたドギョンがの話を、私はより多くの多ず、準よう物足りなさが残る。 "

20201226104543f63.jpeg

1982年生まれで、来年であれば、40歳、年齢前席が変わる。彼は「今、40代されておいたのがなくて大変だ」と冗談を言った。

「来年には演技的に、あるいは、他の私の人生の全体的なことにおいて一歩進むことができる一年になってほしい」

結婚観にも伝えた。「今回の作品を通じて'している与える」と「守ってくれる」という言葉がどのようにハードか知ることになった。今知っているので誰かわからない、よくしてくれると言っ感じている。」

芸能出演については、「私が面白い片道ではなく、まだ計画はない状況」とし「本業が演技であるだけに演技的な部分をより深めたい」と線を引いた。

20201226104543ddd.jpeg

次に、スーツを着ていないキャラクターをしてみたい。彼は「まだ次回作が決定ドゥェジンなかった」とし「再び史劇をしてみたいでもある。これまでスーツをたくさん着てそうなのかスーツを着ないキャラクターをやってみたいという漠然とした気がする」と話した。

年末年始を迎え敬具も伝えた。「今年は色々な面でみんな大変だった年だった。このような状況を乗り越えて再び日常生活の大切さを感じて過ごすことができたら良いだろう。みんなの健康に注意願います。」
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2020   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47051-fd2e3b4a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR