FC2ブログ

「ハーシー」イムユンアが直接明らかにした "ファン・ジョンミン、俳優+スタッフ網羅エネルギー"




俳優イムユンアが「ハーシー」の率直な話を伝えた。

JTBCグムトドラマ「ハーシー」(演出チェギュシク、脚本キム・ジョンミン、製作、キーイースト・JTBCスタジオ)が回を重ねるごとにその意味と真価を発揮し好評を得ている。平凡なサラリーマン記者たち泣いて笑う生計ライフは差別化された共感をプレゼントした。時には定義の実装よりも茶碗射手が優先日しかないサラリーマン記者の葛藤と苦悩は世代を超えて幅広い共感を形成し、パクパクハン現実に渡す淡々上が濃い余韻と重たい響きをもたらした。

インターンオ・スヨン(軽受診分)の死で、ハンジュンヒョク(ファン・ジョンミン)とででき(イムユンア分)は、決定的なターニングポイントを迎えた。ジスは父イヨンミン(バクユンフイ分)PDに続いて親しい仲間オ・スヨンまで失った骨の病気の現実を再直視した。これを契機としてすることはでき変わった。さらに硬くなったで数の覚醒と成長に熱い応援があふれている。

イムユンアは期待以上の変身で「イージーこと」というもう一つの人生キャラクターを誕生させた。「常に作品を選択するたびに「新しい姿をお見せできるだろうか」ということを考えながら選ぶ方なのに、「ハーシー」は、私がお見せなかった新しい姿になることがあるように見えた」は、彼の予感は的中した。特にイムユンアは自分が引き受けたイ・ジスの第一印象について「党ガレージ覇気ノムチヌンデ、その姿が嫌い見えたり理解されていないのではなく応援してあげたい気がした」と明らかにした。続いて「正義所信どおり生きていくキャラクターなので演技しながらも、指数に学び似ていたい部分も多く生じる」と愛情も表わした。

で数になるための準備過程も格別だった。放送前から話題を集めた単発変身はもちろん、新聞社と警察署まで訪問した彼の情熱は、完璧なキャラクター解釈でその真価を証明して見せた。イムユンアは「これまで芸能部の記者の方はたくさんあったが、社会部記者に会う機会はなかった。実際にどのように仕事されるのか、直接話をしながら勉強する時間を持った。それに役立つされたようだ」と伝えた。また、ヘアスタイルの変化については、「台本から「短い髪のスタイルの指数」と書かれていた。迷わず快く切った」とし「いざ切り浪速指数よりふさわしいようで、良い反応を示してくれてよかった」と答えた。

呼吸を合わせているファン・ジョンミンとの撮影所感も伝えた。先に彼の存在が「ハーシー」を選択した理由祈りしたと明らかように、イムユンアは「先輩のパートナーで演技をみることができているだけでも、光栄」とし「共にしながらたくさん助けも受けて学びますが、現場にいるすべての人との呼吸を重視するようだ。俳優たちだけでなく、スタッフまで一緒に網羅エネルギーがある」と尊敬を示した。ここで「指数として演技する時も楽にすることができる部分が多いようだ」と感謝した心も欠かさなかった。

最後に、イムユンアは「ハーシー」だけ観戦ポイントで「ナレーション」を挙げた。「ナレーションに込められたメッセージがあります。ナレーションをさらに集中してみも良さそうだ」とわらず、「多くの方々が楽しんで見ていただいて、共感もされて慰めを得ることができるドラマになると良いだろう。多く視聴していただいて、最後まで関心持って愛してほしい」と伝えた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2020   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47046-fe699fe0

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR