FC2ブログ

イム・シワン、シン・セギョンの応援に気づいた... 後輩暴行自ら暴露→陸上放棄一つ



「ランきた「一時ワン仲間後輩暴行について、メディアに自ら暴露した。ほとんどの心を固めた彼の視線の先には、彼を心配して応援していたシン・セギョンがあった。

去る23日放送されたJTBCドラマ「ランきた「3回では、欠乏といえば、ないようだった陸上代表汽船兼(イム・シワン分)の寂しい世界にオーアメリカ(シン・セギョン)が踏み込む過程が描かれた。両親の結婚記念日を祝うためソンギョムの家族の集まりは、実際に選挙に備えて、国会議員の父親の固定も(パク・ヨンギュ)が「完璧な家族」、「インコ夫婦」というイメージメイキングをするために、記者たちまで呼んで作った席だった。

このショーウィンドウ家族の素顔があらわれるには時間がかからなかった。ソンギョムの一挙手一投足を見て受けた期議員は、生涯1等を逃さない姉期ウンビ(類アベル)とソンギョムを比較し、後輩暴行事件について追い詰めた。自分の政治生活の中で傷がされなと懲戒委を処理するという父に怒っソンギョムだけ処罰受けると対抗した。

マスコミに報道されたが完璧な家族の写真の実体をソンギョムの立場から見抜いたこれまさにオアメリカ(シン・セギョン)であった。誰かの息子であり、弟と住んでいる人生慣れという彼思い浮かべ、「慣れ大丈夫というのはオリジナルではない大丈夫だったということ」なのか気になったこと。そして帰り道、事前連絡もなく、自分を待っていたソンギョムに会った。

基ウンビの言うように、この日、家族の集まりにも「改版」で終わり、ソンギョムの足がやたら届いたのは、まさに彼女の家の近くであった。アメリカは、まず怒っ父が手に投げワイングラスの破片に当たって怪我をしたソンギョムの顔に軟膏を塗ってくれた。寂しく帰る家がないという彼には「家がない似たようなものでも作ればならないでしょう?」と心の中で私は擦り傷に軟膏を塗った。

代表ソンギョムと通訳アメリカは陸上チーム転地訓練と期兄妹グラビア撮影とインタビュー日程で済州島で再会した。ここでもアメリカはソンギョムの世界をヨトボミョ彼取りまとめた。期ウンビだけ質問を吐き出す外信記者には公平性に抗議し、心境が複雑に見えるソンギョムの話も黙々と聞いてくれた。

事実済州島に降りて来る前ソンギョムは懲戒委に出席した。男同士で打って受信したことである大きく作らないは委員は「目隠しアウン」ように暴行事件を拡散しようとした。代表監督は後輩植(イジョンハ)が提出した暴行の証拠を無視した。自分も処罰受けたので、う蝕を殴っ彼らも処罰を受けるものとは、あまりにも当たり前のことを見せてくれて思ったソンギョムの意志はそう折れ。原則通り処理とすれば、電池のトレーニングに参加していないはずがソンギョムの心がずっと重かった理由だった。

習慣のように出て行って走って大変なこともないわけながら住んでいたた彼は「今回はこれでいけないと思います。いやそうしたくない」と率直に打ち明けた。アメリカは「克服というのが必ず毎分起こるされていることではない」とまさかの難しいように、たくなければしたくないよう渡しなさいという応援に彼に力を加えてくれた。

合宿がメディアに公開されたその日、アメリカは、トラックの上に線ソンギョムを心配視線で眺めた。トラックに一人で残されたのもで、トラックをすべて持ったものも同じで、走らない瞬間にも激しく動いているような彼が何を考えているのかも気になった。

父が暴行事件をお金に拡散したという事実を、最終確認ソンギョムは決断を下した。無条件スタートをしなければなら陸上ルールを破って、走らないことを選択した。その理由を尋ねる記者らには「できない走りオソヨ。私の同僚、後輩たち暴行した」と自ら明らかにした。そして、自分を応援してくれたし、覚醒させてくれたアメリカをこれまで以上にしっかりと見つめた。

一方、「ランきた「4回は今日(24日)午後9時放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 24.2020   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47039-f923345e

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR