FC2ブログ

「タイムズ」の台本練習現場... イ・ソジンXイ・ジュヨン「非対面協調ケミ」予告



「タイムズ」の台本練習現場が公開された。

OCNの新しい土日ドラマ「タイムズ」(脚本が新春アンヒェジン、演出ユンジョンホ)は、5年前の過去の記者イ・ジンウ(イ・ソジン)と電話接続された徐廷仁(イ・ジュヨン)が父ソギテ(キム・ヨンチョル)大統領の死を防ぎ、危険な真実と向き合うタイムワープ政治ミステリードラマだ。

9月上岩洞で行われた最初の台本練習現場にユンジョンホ監督は、この新春、アンヒェジン作家をはじめ、イ・ソジン、イ・ジュヨン、キム・ヨンチョル、ムン・ジョンヒ、ソン・ヨンチャン、キム・イングォン、ユソンジュ、シムヒョンタク、こする人、ジョンソンイル、ホジェホ、ベヒョンギョンなど主要出演陣が参加した。まず、キム・ヨンチョルは俳優を代表して「回送を重ねるごとに人物の深まる感情を表現するために悩みに悩みを重ねて作品に情熱的に取り組みたい」と力強い覚悟を伝え後輩たちの大きな拍手を受けた。続いて演出を引き受けたユンジョンホ監督は「タイムワープ水新たな歴史を尽くす」と抱負を台本練習の開始を発表した。

まず、真実を追う2015年の所信派記者イ・ジンウ役のイ・ソジンは耳に正確にささるせりふ処理にファクトを伝えるプロフェッショナルな記者フォースを洗い流した。特に真実の前では、断固とですが、真実のための支援の手を無視していないツンデレの姿がイ・ソジンだけの愉快な「ボンケ」とあきれたシンクロ率を見せイ・ジンウをさらに魅力的なキャラクターに変貌させた。

「OCNの長年のファンであった。このように良い台本に優れた先輩たちと一緒にするようになっ毎日ときめく」と恥ずかしそうに挨拶を渡したイ・ジュヨンは本格的に練習が始まると、目つきが急変した。彼は真実を向き合った2020年の情熱派記者徐廷仁役を演じ執拗に真実を掘り下げた。父の死と5年前の過去との電話接続など信じられない状況に直面したにもかかわらず、折れていない固体のキャラクターは、以前の作品を通じて、平凡でない人物を消化して積み重ねてきたイ・ジュヨンだけの独歩的な演技力で存続した。

真実を背負った大統領ソギテに扮キム・ヨンチョルは存在だけでも膨大なオーラを噴いた。深さとカリスマが感じられるどっしりとした声で最初の代謝を読み取ると同時にあちこち弾性が流れてくるほどだった。不正を座視せず間違っている正す正義の記者出身の大統領の役割に演技内攻を吹き込んで、劇の品格を高めた。ソギテの心強い助っ人であり、次期大統領選挙走者キム・ヨンジュに扮ムン・ジョンヒも明確な目標を持つ政治プレイヤーの姿をやわらかいカリスマに溶かし出し、また一度の演技変身に期待を加えた。二人の俳優の名演により「タイムズ」の中の政治の世界の現実感が倍になった。

また、元の不正大統領バックギュミン駅のソン・ヨンチャン、5年の時間をかけてイ・ジンウと徐廷仁を助けるメディア「タイムズ」の創立メンバー都営再役のキム・イングォン、党代表の男性犯役のユソンジュ、マウント警察署強力チーム長ハン・ドギョン役のシムヒョンタクが極の緊張感を増す熱演を広げて、現場の雰囲気をさらに熱くした。

制作陣は「俳優たちがすべてのキャラクターに息を吹き入れたら、初めて「タイムズ」の時間が流れ始めたことを感じることができる席だった。すべての俳優たちの情熱的な演技に期待が湧き上がった」とし「OCNが開拓した新しいジャンル、時間を超越してでも明らかになければならない真実を探していく火花散る旅にお伺いする"と伝えた。

「タイムズ」は、来年2月に初放送される予定だ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2020   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47031-7a35657f

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR