FC2ブログ

「ミス私もいいですか?」「ロンオン「イム・シワン♥シン・セギョン高速キスエンディング




JTBC「ランきた」が放送最初の週から視聴者を夜眠れなく作成されたイム・シワンとシン・セギョンのミスキスエンディングスチールカットを放出した。

去る17日放送されたJTBCドラマ「ランきた」(脚本パク・シヒョン、演出イ・ジェフン、製作メイスエンターテイメント、コンテンツ著)2回では、異なっても偶然であるかのよう運命的な4つの出会いの後、陸上競技選手汽船兼(イム・シワン)と映画翻訳オーアメリカ(シン・セギョン)がお互いに染みる過程が描かれた。一緒に映画を見て屋台で談笑を交わして、考え方から表現する言語まであまりにも違うことが分かったが、スポーツと映画というのそれぞれに完全にである世界を紹介し始めて、徐々に近づいた。

無関心に見えた線鎌ランニングについて話し明るく浮かべた笑顔に視線を奪われたアメリカと"よりワクワク面のミスをするつもりらしくよ」といってい彼女の挑発にしばらくぎくたソンギョム。そんな二人の心惹かれるが朦朧にとっソンギョムの突発行動で絶頂に達した。ソンギョムとスキャンダルが出たトップ俳優チェタリー(豫園)と彼女の所属事務所社長ユ代表(ギムミンサン分)が偶然に出会った彼との間に置いて夢中で騒ぎを起こす、その終息させるためにアメリカにキスがしたもの。「さっき言ったミスは、私もいいですか?」とアメリカの挑発を逆に利用して、「私のガールフレンドである、本物の」と終止符を打ったソンギョムの大使はときめきを精一杯刺激したポイントになった。

その予期せぬ瞬間に出てきた二人のキスエンディングは完璧なタイミングで開始された音楽と一緒にロマンチックな夜の背景まで絶妙に交わって永遠に残る名場面を誕生させた。

製作陣はスポイラーとあらかじめ解かなかった」ギョムミカップル」の貴重なエンディングシーンスチールカットを公開した。ときめきと緊張が行き来唇触れ1秒前、疲れが送受信ソンギョムとアメリカの両方の目が見る人々の心まで武装解除させる。二人の手ポッドスチールカットは、「私のガールフレンドである」というソンギョムの声と音声サポートされているような錯覚さえ起こす。ロマンスの花を咲かせるこれらのカップルの未来を一瞬想像させたりもする。

スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 20.2020   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/47014-3daf8164

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR