FC2ブログ

初めての部屋「ロンオン」シン・セギョン、「よく発生した場合の運命を信じて "... 通訳にイム・シワンと再会[前日夜一夜物語]



シン・セギョンとイム・シワンの運命的な縁の開始が示唆された。

16日初放送されたJTBC「ランきた」ではオーアメリカ(シン・セギョン)と基線兼(イム・シワン)の出会いが描かれた。

近江与える前のボーイフレンドハンソクウォンの提案に映画祭打ち上げ会食の席に参加した。その場には、大学時代オアメリカを担当した教授もあった。近江与える教授に直面したくなかったが、教授は五アメリカを呼んだ。

オアメリカに「お酒は近江株価応じはず」とずっと女性翻訳のオーアメリカを無視した。続く飲み会に近江与える「家に行きたい」と語った。教授はオアメリカに「お前老い疲れだ。女性翻訳者の精神弁えなければならされる。マグカップ少し滑らかであると」と性差別的な発言をした。

近江与える"教授ご覧映画に翻訳顔がナオニャ。時代がどの時デンデ。いつの時代で来か。私はいつまで弟子でもなくとにかくと女性の女性云々しながら侮辱を与えるのか」と、体を主体していない教授を防ぎ同僚たちに「入れせよ。それ高齢者虐待だ」と堂々と話した。

20201217092020acd.jpeg

席を蹴って出てきた近江与えるこの日の仕事のための翻訳の仕事をできないようになった。再び翻訳の仕事をすることができるように教授に謝罪に行ったオアメリカに教授は「ソウル上がっている」と通報した。

先輩バクメイ(移封連)と一緒に戻って教授を訪れた近江与える教授に紅参を渡し、残りのGV翻訳もしてくれとお願いした。教授はバクメイも「敬意をどこだ置いてきたのか」と無視した。

化を解いた教授は、オーアメリカに国家代表選手翻訳を任せた。「ドィタルなく不遇の子供たちにお願いする」は、上層部の言葉に教授は五アメリカを推薦した。

代表の一週間の合宿を引き受けることになった近江与えるエージェンシーを訪れ汽船兼に会うになった。以前バクメこの会話で「よく発生した場合の運命を信じている」としていた近江与える汽船兼に「運命的だね」と言って縁の開始を示唆した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 17.2020   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/46995-19095f33

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR