FC2ブログ

「4次韓流の主役 "パク・ソジュンクライアント書き



俳優パク・ソジュンが全世界の注目を集めている。

出演作品への関心はもちろん、インタビュー、広告、オンタクトファンミーティングまで業界の熱い反応が後を絶たないのだ。

パク・ソジュンが出演した作品は、グローバルリアルタイムビデオサービス(OTT)ネットフリックスを介して全世界190カ国以上に公開され、国内だけでなく、日本、フィリピン、香港、台湾、タイ、シンガポールなどアジア圏を中心に高い人気を集めている。12月14日午前、日本ネットフリックスが発表した2020年の総合TOP10によると、韓国ドラマ5編が順位圏に聞いて、その中JTBC「イテウォンクラ書き」は2位、tvN「ギムビソがなぜそうなのか」は9位にランクされて、なんと二作品や名前を上げた。特に「イテウォンクラ書き」は3月末ネットフリックスを介して日本に公開され、最近まで日間のランキングTOP10に挙げ根強い人気を見せている。

「ギムビソがなぜそうなのか」もネットフリックス、日本のサービス開始直後の10月第1週から順位圏に無事に到着、10週連続週間ランキングTOP10に聞いたし、日本のネットフリックスで発表した今年最も人気のある韓国ドラマ1位に選ばれるなど、パク・ソジュン出演作品この日本国内で旋風的な人気を呼んでいることを実感させている。このようなパク・ソジュンの人気は日本の有名雑誌「メンズノンノ(Mens NonNo)」、「アンアン(anan)」をはじめとする各種週刊誌のグラビア撮影とインタビュー進行につながるなど、現地訪問しなくても熱風を起こして「4次韓流」の主役に数えられる。

これに加えて、「イテウォンクラ書き」は、Googleで発表した2020年の検索ドラマ/芸能部門で1位を占め、国内総合部門のランキングでも4位に上がってドラマとしては唯一10位以内に名を連ねた。ドラマだけではない。最近tvN人気芸能」ユンレストラン3」出演の便りが伝えられ、2018年にスペイン取るチコで撮影した「ユンレストラン2」もまた話題に上がっていること。コロナ19に往来が不可能になった後、「ユンレストラン2」撮影地であったスペインの地元メディアとフランスなど欧州メディアも書面インタビュー要請をするなど、パク・ソジュンに向けた関心を表現している。

海外広告界のラブコールも着実に増加している。パク・ソジュン側は「最近の契約を締結したフィリピンの通信社「スマート(SMART)」、インドネシアのオンラインコマースプラットフォーム「ブリブリ(Blibli)」の広告のほか、衣類、電子機器など多数の世界的なブランドとの契約議論中」と伝えた。このような現地の反応のおかげで、日本、フィリピン、インドネシアなど様々な国からのファンとオンラインで会うことができる「オンタクトファンミーティング」も多くの提案を受けているという裏話だ。

このように、国内を飛び越え海外でも熱い反応が続いている中で、2021年にもパク・ソジュンのグローバルな人気は引き続き上昇を見せると予想される。現在、国内の撮影を終えた映画「ドリーム(仮題)」に続いて「コンクリートユートピア(仮題)」まで二本の映画出演の便りを知らせたパク・ソジュンの2021年歩みにも期待が集まっている。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 16.2020   0 comments   0 trackback
Category :俳優

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/46992-dbdfb5a2

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR