FC2ブログ

「ボクミョンガ王」かフラットチェファンフイ、故チェ・ジンシルに向かって浮かべたビデオレター




「ボクミョンガ王」チェファンフイ
「ボクミョンガ王」ブラックホールは「地フラット」という活動名で、本格的な歌謡界活動を始めたチェファンフイた。ラッパーとして魅力的な低音ボイスでパワフルなラップで視線を圧倒した。

13日に放送されたMBC「ボクミョンガ王」には、1ラウンド第2段階が行われた。ブラックホールとマンホールの対決だった。二人はビワイの「デーデー」を歌った。吸い込まれそうな重低音のラップに興をドトウン彼残念2ラウンド進出が挫折されたがギムハ来て、イビョンジェの「バーコード」を歌ったソロ舞台でさらにカッコよさを吹きだした。鳥肌をプレゼントする舞台に判定団は「かっこいい」と口をそろえた。

ブラックホールは、仮面を脱いだ。彼の正体は故チェ・ジンシルの息子でラッパーとしてデビューしてフラットチェファンフイであった。「「ボクミョンガ王」といえばアーティストや歌手の仕事を持っている人が立って見たい舞台なのに、このような大舞台に立つことができて、ただ不思議である。「出て行ってミスしたらどうするか?」そのような心配をたくさんした。大衆の前で評価を受けて成長していくのがアーティストの他の面と考え挑戦した」と述べた。

故人となった母親も息子がラッパーになるだろうと想像できなかったことが述べ、ステージを見た場合、したいことを見つける幸せにしている様子だ賞賛してくれることだと言った。クリスマスイブがチェ・ジンシルの誕生日でもあった。

チェファンフイは映像手紙を送った。「イマーム時は楽しくなければする悲しくもある」と運を群れながら「多くの時間が過ぎ、その間満ち足りないように良い友達をたくさん付き合い喜んで、普通によく育った。私が欲しいものを探して仕事にはできているというのが本当に感謝する。空で喜んで、ハード音楽すること見守ってほしい」と心からのメッセージを伝えた。

今後の目標は、「チェ・ジンシルの息子」という修飾語を離すことだった。「チェ・ジンシルの息子、芸能人の息子というタイトルの下に生きてきた。幼い時、それ自然なと思いましたが、大人になった今では独立したアーティストとして大衆の前に立ちたい。母の影から抜け出し自分のキャリアを築いていきたい」と述べた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2020   0 comments   0 trackback
Category :芸能人家族

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/46978-06725b6d

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR