FC2ブログ

「コロナ死亡」故キム・ギドク監督、映画界哀悼ない理由




キム・ギドク監督(61)が還暦を控えてこの世を去った。死因はコロナウイルス感染症(コロナ19)に起因する合併症である。国内外の映画界の関係者が死亡すると、あちこちで哀悼の声が続くが有毒キム・ギドク監督は皆無であるようである。ヴェネツィア、ベルリン、カンヌなど世界3大映画祭で受賞する演出力を認められたことにもだ。

キム・ギドク監督が亡くなった後、いくつかの反応と評価が出ているが、キャリアが高く内面が多いいくら優れていた監督でも生前犯した過ちは、死の前許すことができないという意見が大半の意見だ。

最近、韓国映画監督協会側関係者はOSENに「キム・ギドク監督は、性的暴行論議があった2018年の「自動除名」された。現在協会所属ではない」と線を引いた。また「人間的に残念だが、金監督の死亡について公式立場はない」と述べた。

また、韓国の映画監督組合側も同日、「キム・ギドク監督は、現在の組み合わせ所属ではない。立場を発表する計画はない」と語った。冷静に聞こえることができますが、現在、国内の映画関係者たちの立場はこうだ。

もちろん、一部では回復を夢見海外からコロナ19に客舎て残念だが哀悼の声も出ている。

今月11日(現地時間)、ラトビアでコロナ19で死亡した金監督は、最近家を購入した後、永住権を取得する計画だった。しかし、5日後に側近らと連絡が途絶えされ、コロナ19陽性判定を受けすることもできリガの病院に入院したが病状悪化に死亡した。外交部が遺族にこのような事実を伝えるたが、コロナ19で海外の移動が容易ではなく、体棺も難しく、現地で火葬することにした。

冷静に見えるが、故キム・ギドク監督に向かって哀悼の声がつながらない理由は、一連の性暴力事件である。

映画界でゴムを通り熟したキム・ギドク監督の性的暴行論議が2017年から水面上に出てきている。一人の女性俳優がキム監督から演技指導という名目で頬を合わせなど暴行にあったと訴えた。翌年、ソウル中央裁判所は、金監督に罰金500万ウォンを宣告した。

これ2018年キム・ギドク監督は美闘士運動の主人公に指名された。彼の監督の地位を不当に虐待して女性の俳優たちとスタッフを性的に嫌がらせしたり、強制わいせつ、さらに性的暴行までしたりしたという暴露が続いた。同年MBC「PD手帳」は「映画監督キム・ギドク、巨匠の素顔」編を通じてキム監督の性暴力疑惑を報道した。これキム・ギドク監督は、放送局と俳優を誣告の疑いで告訴したが、検察は放送局と俳優の無嫌疑処分を下した。裁判所から敗訴した金監督は判決を不服として、先月控訴した。

美闘士暴露後、金監督がキルギスで映画を撮影し、モスクワ国際映画祭の審査委員長に委嘱されるなど、ロシアと周辺国で活動してきたのは、このような国内の気流を念頭たものと思われる。

この世を去った金監督や遺族が見れば少し国内映画界にさびしいこともあるだろうが、目の前に押しかけた現状を受け入れるしかないという気がする。死による悲しみがクギンが、その重さはすぐにすべての行動を不可侵の聖域の中に置いて保護してくれない。

だから衝撃的な死亡のニュースに接した後、人間の悲しみと哀悼の意をしばらく感じ、すぐに冷静な理性を探すなるのはあまりにも当然だろう。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 13.2020   0 comments   0 trackback
Category :未分類

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/46973-0459caac

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR