FC2ブログ

キム・ギドク監督、コロナ19の合併症で死亡し... 府国際執行委員長「映画界の大きな損失」哀悼[総合]



キム・ギドク監督がコロナ19の合併症で、ラトビアで死亡した。享年60歳。

11日ラトビアの媒体デルフィは、ロシアアート毒フェスト映画祭芸術監督ビタリ万スキーの言葉を借りてキム・ギドク監督が、ラトビアでコロナ19の合併症で死亡したと報道した。媒体に異なるキム・ギドク監督は、先月20日、ラトビア入国したが、5日から連絡が届かなかった。これビタリだけスキー監督が、病院を調査していたの死の知らせに接した。

キム・ギドク監督の国内関係者も「家族に事実を確認した結果キム・ギドク監督が死亡したという外信報道が事実であることを確認した」と明らかにした。

キム・ギドク監督は、2018年美闘士論議に包まれた後、海外にとどまった。昨年モスクワ国際映画祭の審査委員長を務め、今年は、カザフスタンでロシア語で映画「ディゾルブ」を撮影した。キム・ギドク監督は、最近ラトビアに居住するために家を取得するなど、いくつかの準備をしてきたことが分かった。

オリジナル表示
キム・ギドク監督の死の知らせに釜山国際映画祭ジョンヤンジュン執行委員長は、キム・ギドク監督を追悼した。ジョンヤンジュン執行委員長は11日、自分のSNSを介して「キルギスの評論家カキ眺めトールクロムショバからカズ流れスタンラトビアに移住して活動していたキム・ギドク監督が自分の還暦日12月20日を過ぎた週前コロナ19に他界したという衝撃的な秘宝を聞いた」と述べた。

前執行委員長は「バルト病院に入院してから二日後の今日死亡した」とし「韓国映画界に埋めることができない大きいが、大きな損失であり、悲しみ」とキム・ギドク監督を追悼した。

一方、キム・ギドク監督は、1995年の映画「ワニ」でデビュー、「青い大門」、「島」、「悪い男」、受取人不明」、「「春夏秋冬そして春」などの映画を演出した。

キム・ギドク監督は、映画「サマリア」で2004年の第54回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞し、2011年の映画「アリラン」で、第64回カンヌ映画祭ある視点賞を受賞した。2012年には映画「ピエタ」でベネチア映画祭最高賞の金獅子賞を受賞し、国際3大映画祭の両方で受賞した唯一の韓国の監督になった。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 11.2020   0 comments   0 trackback
Category :訃報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/46968-20d570b3

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR