FC2ブログ

神々の晩餐 21,22話

いくらアリランの名誉のためとはいえ、ここまでジュニョンがひどい目にあっても我慢しなくちゃならないのかしら。
どんどん悪に手を染めて尋常ではなくなっていく偽インジュは、自分で犯した罪、ジュニョンの腕をマヒさせて使えなくしたことをなんとジュニョン自身に激白。
それでもなお開き直り、なんとさらに母に誤解させるように自分で熱湯をかぶり、それをジュニョンのせいにする。

偽インジュ自身もジュニョンもジュニョンが実は本物のインジュだと確信したあとは、ジェハも真実に気づく。
偽インジュを問いただすものの、そのことを公にはせず黙っておく。
取り違えられたインジュのことは、偽インジュに罪はなく愚かなインジュ両親のせいなので、慎重になるのもしかたないとはしても、ジュニョンにしたことは立派な傷害罪。

ジェハもジュニョンも告発すべきだと思うんだけどなー。
ここで偽インジュを止めてあげなければ、どんどんエスカレートして結局偽インジュが大きな罰を受けるはめになるんじゃないかって思うわ。

そもそも間違っているのは大人たち。アリランのことしか考えず未来ある偽インジュやジュニョンを利用することしかしない、先代、名匠、サナレ社長たち。
大人の欲に翻弄されるかわいそうなジュニョンたちだというふうに思えてきました。

ジュニョンがジェハと別れようとする気持ちも、偽インジュのためだとすると、どこまでお人よしなのかしらって思っちゃうわ。
ジェハと別れる必要は特に感じないんだけど。

ドラマの流れとしては、手のしびれで思うにまかせず苦しんでいる今、そばにいて励まし慰め献身的に尽くしているのはジェハじゃなくドユンだから、ドユンに自然に気持ちが傾いたあとなら、ジェハを拒絶するのはわかるんだけどな。

まわりに気兼ねして自分が本物だと名乗り出ることさえできずにいるジュニョンが救われる最後であってほしいと願うだけです。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2013   0 comments   0 trackback
Category :神々の晩餐

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/4651-8d92505c

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR