FC2ブログ

「魂修理」シン・ハギュン・チョン・ソミンなどがプレゼントした魂の治癒の端!【昨夜TV]



「魂修理」シン・ハギュンが招待精神医学センター長席に上がった。また、彼は患者のためならどこでも「訪問魂修理」でジーンハッピーエンドをプレゼントした。このようにシン・ハギュン、チョン・ソミンなどは最後まで病気の魂を癒すし、視聴者の好評の中有終の美をおさめた。

6月25日に放送されたKBS 2TV水木ドラマ「魂修理」(演出ユ・ヒョンギ/脚本イ・ヒャンヒ/制作モンスターユニオン)31-32回ではイシジュン(シン・ハギュン分)、韓牛州(チョン・ソミン)、スイカズラ革(テイン号分) 、ジヨンウォン(パク・イェジン分)などの主人公たちの最後の話が描かれた。

精神課長泊大河(ジョンヘギュン分)の推薦で目視は悩んだ末、精神医学センター長になることにした。肩は重い、患者のために、より多くのことをしてくれることができる場だからであった。視準の決定にセンター長桁だけ見て駆け付けた副院長する状態(パク・スヨン分)は、倒れて入院までしたが、最初に手を差し出した視準おかげできれいに認めて退いた。

宇宙は、自分が境界性人格障害という事実を悟った後、これを認めて成長した。団欒家族を見て、自分自身を哀れに思うようにされた宇宙は、「これまで私は自分自身を愛してくれないんだな、と思いがしました」と自分を愛することを誓った。そう宇宙は新しい夢演劇心理カウンセラーになるために情熱を流し本業のミュージカル俳優としても復帰するためにオーディションに出るなど、一日一日を一生懸命生きて行った。

ドンヒョクはジョンズホプキンス病院からの研究教授として招かれた後、医師としての自信を取り戻し、視準に感じた劣等感も振り払うことができようになった。また、片思いしてきた永遠にもストレートに告白、ついに永遠の心を勝ち取るし仕事と愛二匹のウサギを握った。

照準を合わせる向け片思いは失敗したが、ドンヒョクのこだわりを受け入れた永遠も長い間持っていた罪悪感から解放することができた。前の恋人の死に心的外傷後ストレス障害(PTSD)を患っていた視準が自分の紹介してくれた宇宙のおかげで完治したからだ。また、境界性人格障害の治療にも自信を持つことができるようになった。

視準はポッドキャストで「病気が完治するための条件は、自分の傷を苦労消去せずに、抱いて、受け入れ、愛することです」と、自分を愛することが重要である、暖かいメッセージを残した。「今まで「魂修理」でした」という視準のポッドキャストエンディングコメントが傷を持ったこれらの胸一方に染みた。

精神医学センター長された視準は、病院の家族、患者たちと一緒に宇宙の指揮によって歌と律動をしセンターオープン式を愉快に終えた。「ニナノ〜」を叫んですべて自分だけの幸せを見つけ、人々の姿がなんだか分からないかっとさをかもし出した。

続いて「訪問魂修理」というプラカードを掲げたキャンピングカーに乗って村に往診に出た視準と精神科医のエネルギーに満ちた姿が最後の会議エンディングを飾る、最後まで解け感動をプレゼントして、これまで視聴者を泣いて笑いをしていた「魂の修理」の話が終わった。

「魂修理」は、6月25日の放送を最後に視聴者の好評の中終了した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2020   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/46028-7f5bb78a

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR