FC2ブログ

「トークがしたくて」BoA、イ・ドンウクとララランドOST、City of starsデュエット



SBS「イ・ドンウクは、トルクがしたくて、「キャプチャ

26日午後に放送されたSBS「トークがしたくて」でBoAとイ・ドンウクのデュエットが電波に乗った。

ボアとイ・ドンウクが思い出のデートをしてトルクをした。ボアとイ・ドンウクがトッポッキ揚げ物を食べて、ゲームセンターに続いてコインカラオケを訪れた。イ・ドンウクはジャンボムジュン歌とジェハの曲を歌った。

イ・ドンウクは、ユ・ジェハの歌を歌って、見に渡した。ボアは安定感のあるボイスで歌を歌い始めた。高音でも揺れない快適さを示しイ・ドンウクを感心させた。

イ・ドンウクがボアとデュエットでララランドostを練習して線に見える姿が電波に乗った。ボアはドンウクとデュエットを呼ぶ前に、「ドンウクの歌を見ると、反するだろうだ。おそらく溶ける」と豪語した。

先にイ・ドンウクとBoAはハプジュシルで会っ歌を練習した。イ・ドンウクが選んだ曲は、ララランドのostであった。ボアは「イ・ドンウクの選曲は意外であり、本人の声によく似合って負担なく洗練された選曲である」と賞賛した。

BoAが日本とアメリカのk-popに進出した過去を回想した。ボアは時代のニーズに当たったので愛を受けたとし、2010年に進出した場合、うまくいかなかったこともあったしながら謙虚に語った。

14年目のコメディアンジャンドヨンが視聴者たちの強力な要請にトルクがしたくてのゲストとして登場した。ジャンドヨンは賞を受けた後に語り尽くせない受賞所感を伝える姿を伝えた。

ジャンドヨンは自分を生みくださった両親に一番最初に感謝し、今テキサスチェーンソーがある場合の賞を分けしたいと話して笑いを誘った。

ジャンドヨンの両親は不慣れな放送日であり、放送によく出てないから就職準備をするように話をしてくれたが、ラジオスターの話をよくするのを見て、両親が不安行っていないようだとした。

イ・ドンウクは視覚デザイン科を専攻している途中、どのように喜劇的な仕事を始めたのか尋ねた。ジャンドヨンは「もともとは人見知りが激しく、内向的な性格があり、私の仕事が芸能人であり、テレビの多く出るので、頑張っている矛盾があったりする」と述べた。

イ・ドンウクは、大規模なキーがジャンドヨンのシグネチャではないかという質問にジャンドヨンは「私のキーがコトウミョンより笑わせたのか」、「私の足300と、人々がバム場合より笑わせるようだ」という考えをしたと言わ喜劇人の姿を見せた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2020   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/45275-b7cc6bff

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR