FC2ブログ

シム・ウンギョン、日​​本の映画祭4冠の栄誉。来る2月、3月に授賞式開催



俳優シム・ウンギョンが日本映画祭4冠の栄誉に輝いた。

、日本マネジメント油マニてと専属契約を締結して、国内外を行き来しながら演技スペクトラムを広げたシム・ウンギョンは、今年、映画「新聞記者」で日本第74回毎日映画コンクール最優秀主演女優賞を受賞することになった。日本の毎日映画コンクールは毎日新聞、スポーツニッポン新聞社などが主催する映画賞で1946年に創設された日本で最も歴史のある映画祭の一つです。

毎日主催側22日最優秀主演女優賞受賞者にシム・ウンギョンを名前に上げたと発表した。

また、今月15日にアカデミー賞、高崎映画祭主催側は「シム・ウンギョンが映画「新聞記者」で第43回アカデミー賞優秀主演女優賞と映画「ブルーアワー」で第34回高崎映画祭最優秀主演女優賞を受賞するようになっ"は確定ニュースを知らせている。先に受賞した多摩映画祭の最優秀新人女優賞を含めると、4冠王の栄誉を得たわけだ。シム・ウンギョンが受賞することになる毎日映画コンクール、アカデミー賞、高崎映画祭は2月と3月に授賞式が開かれる。

アカデミー賞、米国アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)の正式許可を受けて、日本アカデミー賞協会(Japan Academy Prize Association)が発足した授賞式で映画が選択されることを意味のある映画賞である。

日本アカデミー側は優秀主演女優賞に「新聞記者」のシム・ウンギョンをはじめ、映画「飛べ埼玉」の二階堂ふみ、「ミツバチと雷」の松岡まゆ、「人間失格:太宰治と3人の女性たち」の宮沢りえ、 「最高の人生を見つける方法」の吉永小百合が受賞者になったと伝えた。

シム・ウンギョンに受賞を抱かれた「新聞記者」は、日本、現政権で行われた政治スキャンダルをモチーフに国とジャーナリズムの場合を削る批判した映画でシム・ウンギョンは劇中の権力の闇を暴く記者「吉岡エリカ」役を演じて初めて出演した日本映画にもかかわらず、言語や思想を超えて見る人々を作品の中に強烈に引き込んだことがある。

次いでシム・ウンギョンは高崎映画祭で「ブルーアワー」で最優秀主演女優賞を受賞し、4冠に輝いた。高崎映画祭は、日本の地域映画祭のイベントの中で最も信頼性と規模が大きい映画祭で作品性に重点を置いて受賞を選定する映画祭として評価されている。

「ブルーアワー」は、広告ディレクターとして働くや近づいおばあちゃんお見舞いのために故郷に向かう内容を盛り込んだ映画でシム・ウンギョンは主人公の砂田の友達清浦を演じて自由奔放なキャラクターを魅力的に消化した。

日本の毎日映画コンクール、アカデミー賞、高崎映画祭の受賞が確定されると同時に、昨年の日本のTAMA CINEMA FORUMで最優秀新人女優賞を受賞したことを含め、4冠に輝いたシム・ウンギョンは、日本で成功的なデビューを終えた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 23.2020   0 comments   0 trackback
Category :受賞

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/45087-58a4d03d

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR