FC2ブログ

"必要性を認めにくく "... 「常習賭博・売春斡旋」を獲得し、拘束令状また棄却[総合]



売春斡旋と常習賭博などの疑いを受けている歌手の勝利が13日、ソウル中央地裁で行われた令状実質審査を終えて足を運んでいる。

ビッグバン出身のV(本名イ・スンヒョン、30)が今回も拘束を免れた。

ソウル中央地裁ソンギョンホ令状担当部長判事は13日、VIの拘束性をサルピン後、午後9時40分頃令状棄却決定を下した。ソン部長判事は「犯罪容疑の被疑者の役割、捜査の進行経過と証拠の収集程度、被疑者が捜査に臨む態度を総合すると、拘束の理由と必要性と相当性を認めにくい」と棄却理由を明らかにした。

に先立ち、同日のVIは、午前拘束前被疑者尋問を受けるため、ソウル中央地裁に出席した。3時間ほどの調査を受けたVIは、裁判所を出て、ソウル拘置所に向かった。9時間ほど拘置所に滞在していたVIは今回も自宅に帰宅することになった。

VIはすでに、昨年5月に一回令状実質審査を受けた。当時、警察は売春処罰法違反などの5つの容疑でVIの拘束令状を申請したが、証拠隠滅、逃走する恐れがないという理由で棄却された。

検察は8日のVIについて、暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反など7つの容疑で拘束令状を請求した。検察によると、VIは、2013年12月から約3年半の間、米国ラスベガスなどで常習賭博した疑いを受けている。先に警察が不起訴意見で結論出した「為替差益(国外からドルに賭けた後、国内でウォンに交換)」の疑い(外国為替取引法違反)も拘束令状へのタイムリーされたことが分かった。

また、2015年9月〜2016年1月に海外投資家に売春を斡旋した疑い(性売買処罰法違反)、麟錫(34)前のガラスホールディングス代表とラウンジバー「モンキーミュージアム」を運営する、当時店をユフンジュ点ではなく一般的な飲食店区役所に申告した疑い(食品衛生法違反)、ガラスホールディングス資金を従業員の弁護士比書いた疑い(特定経済犯罪加重処罰法上の横領・業務上横領)、カカオトークで女性の裸の写真を送信した疑い(性暴行処罰法違反)などもある。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 14.2020   0 comments   0 trackback
Category :事件

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/45026-2ca4197c

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR