FC2ブログ

地上波演技大賞、授賞式の権威はどこ?



俳優コン・ヒョジン、キム・ナムギル、キム・ドンウク(上から)がそれぞれKBS、SBS、MBC演技大賞で大賞を獲得した。/「2019 KBS演技大賞」、「2019 SBS演技大賞」、「2019 MBC演技大賞'キャプチャ


割り・共同受賞乱発した地上波3社の授賞式

[詳細ファクト|ムンスヨン記者]地上波3社「演技大賞」の対象主人公は祭典があふれたが別名「分け合い」式首相が今年もまだ問題点として指摘されている。

2019年を終えて行われた地上波3社演技大賞の主人公はKBSコン・ヒョジン、SBSキム・ナムギル、MBCキム・ドンウクだった。視聴率と視聴者の好評をすべて得たので、大きな異論はありませんでしたが、他の部門では、今年も相変わらず「彼らだけの祭り」に眉がしかめた。

まず、「2019 KBS演技大賞」大賞は「椿咲く頃」(ニールセンコリア、全国世帯あたり、自己最高視聴率23.8%)でロマンスと母性愛の演技を消化したコン・ヒョジンが受賞した。SBSはグムト極定着に大きな貢献をした「熱血師弟」(22%)のキム・ナムギルが大賞を受けMBCは「特別勤労監督官ジョー長豊」(8.7%)でキャラクターの喜怒哀楽を描いて出して隙のない演技をしたキム・ドンウクこの対象の主人公だった。3社とも大賞受賞者には、意見の相違がない状況である。

20200103055420b46.jpeg

地上波3社演技大賞の「分裂受賞」に批判する視聴者の声が高まっている。/ SBS、KBS、MBC提供


がその他の部分では、指摘を受けた。特にKBSは有毒激しい「一方的支援を受賞」に眉をひそめるようにした。対象、男子演技賞、作家賞、ネチズン賞部門を除くすべての部門で受賞が続き、中編、長編、ミニシリーズで部門を分割優秀賞受賞者16人出てくる状況が起こった。

さらに適切ポジュ地図なかった。「ドクタープリズナー」を導いたナム・グンミンは無関係であった。「ドクタープリズナー」は着実に高い視聴率を維持しており、ナムグン・ミンの立体的な演技も好評を受けたナム・グンミンの名前は、この日一度も呼ばれた。一部の視聴者は、現在のサードパーティ製のドラマSBS「ストーブリーグ」に出演中の彼KBS授賞式で排除されたことはないかという疑惑を提起している。

SBSはペスジの受賞が議論になった。「シークレットブティック」で演技好評を受けたキム・ソナは無関係であり、「VIP」で熱演したチャン・ナラもプロデューサー上にとどまった。しかし、演技力論議が起きた「バガボンド」の配水池がミニシリーズ部門で最優秀演技賞を受けながら視聴者たちは疑問を現わした。

ただし賞チーム部門を新設し、作品を輝かせてくれた助演を照明した点は、良い反応を引き出した。特に、各ドラマの主演俳優が候補発表をし、同僚たちに感謝の挨拶を伝え感動をもたらした。

「分裂受賞」は、MBCで最も深刻だった。
長さ別に受賞部門を共有することを越えて曜日ごとに分けた。
この日の最優秀賞受賞者は、なんと7人に達した。


MBCの最初のシーズン制ドラマを導いた「剣法男女シーズン2」チョン・ジェヨンの関係も物足りなさを残した。また、「剣法男女シーズン2」が昨年MBCで最も高い成績を記録したのに2冠にとどまり、一部の制作陣がMBCで製作に移籍したことが影響を及ぼしたのではという声が出た。
 
このような物足りなさの中、視聴率勝者はKBSであった。先月31日に放送された「2019 KBS演技大賞」は1部10.2%、2部10.7%を記録した30日に放送された「2019 MBC演技大賞」が1部7.1%、第2部8.6%で後に続いた。KBSと同時間帯に放送された「2019 SBS演技大賞」は1部5.3%、第2部6.6%にとどまった。

地上波3社の演技大賞授賞式の慣行は、古くから続いてきた。あまりにも多くの俳優たちに賞をくれるので上の価値は低下するしかない。しかし、毎年出てくる指摘にも慣行はなかなか破らずにいる。さらに、ここ数年の間に共同受賞論議はむしろ大きくなった。

ネチズンたちは「放送局優秀という単語を人気に変え賞を与え、むしろ「(dndd ****)、 "共同受賞ながらナム・グンミンのような演技上手学ぶ関係とは。対象ても遜色なかった俳優であった」(gemm **** )、「チャン・ナラ、キム・ソナを.......悪口食べ万である。受信者もきまり悪いようだ。スブス反省せよ」(swee ****)、 "文字通りももとてもする。見ない久しいになった」(syb8 ****)などの反応を見せ不満を表わした。

地上波として視聴率がよく出ていた時代はすでに合格し、さまざまなプラットフォームと競合する時代が来た。しかし、まだ「彼らだけの祭り」を開く地上波の安易な態度に視聴者たちは失望している。

ハジェグン大衆文化評論家は「よりファクト>との通話で、 "地上波授賞式は、常に繰り返し出てくる話だが賞を配る傾向がある。そのため、授賞式の権威が落ち、むしろ笑いものになっている。常に指摘が出てくるが変わる兆しが見えない。放送局の利己的な行動が、今年も現れたようだ。このままでは、視聴者の関心が低下ようだ」と指摘した。

それとともに「統合授賞式を作るのが最も基本的なあり方だと思うが、現実的に行われる可能性はないように見える。そのため、各放送局ごとに賞を厳密に運用しなければならない」と付け加えた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2020   0 comments   0 trackback
Category :受賞

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44961-360ec72f

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR