FC2ブログ

「ストーブリーグ」パク・ウンビン、ナムグン・ミン・ジョビョンギュとの相性はケミ... 華やかなエネルギーまで



パク・ウンビンがナム・グンミン、ジョビョンギュとの相性はケミを披露活躍を続けている。

SBSドラマ「ストーブリーグ」は、ファンの涙さえ乾い最下位チームに新たに赴任した団長が格別シーズンを準備する熱い冬の話を盛り込んだドラマであり、選手ではなく、団長をはじめとするフロントの激しい職場と血液、汗、涙が入り混じった苦労を生き生きと広げ出す」石直球オフィスドラマ」である。劇中パク・ウンビンは、国内の女性初で最年少プロ野球運営チーム長イセヤング役を引き受けた。

去る27日放送された「ストーブリーグ」5回では、傭兵選抜のために米国に離れたセヨン、乗数(ナム・グンミン分)、ジェヒ(ジョビョンギュ)の姿が描かれた。注目した選手だったマイルズと次善の策であったグリフィンとの契約も締結していないドリームズの選択は、まさに現地コーディネーターを務めた道滄州(イ・ヨンウ)であった。メジャーリーグではかなり良い成績を残したが、兵役忌避に帰化した選手の道滄州を調べたセヨンと乗数は、彼の傭兵に連れて来ることに問題がないことを確認し、50万ドルの契約を成功的に終えて思わぬ展開に楽しさと緊張感の両方をプレゼントした。

傭兵契約を進行するためにあり、乗数の冷徹な視点と理性的、論理的な発言が目立ったが、セヨンとジェヒの役割も一役買った。特にセヨンは負けない情熱と運営チーム長ダウン鋭い視線で成功傭兵契約に大きな助けとなった。ナムグン・ミンのサイダー煙と共にパク・ウンビンもまったく折れるイセヤング役を完璧に描き出して劇の完成度を高めているという評価だ。パク・ウンビンの正確かつ明快なディクションと特有の華やかでポジティブなエネルギーが光を放っている。

ナム・グンミン、ジョビョンギュと異なる雰囲気で相性ケミをもたらしているパク・ウンビン。新鮮な素材と反転があふれる展開を見せてくれた「ストーブリーグ」への期待が大きくなっていくにつれてパク・ウンビンに向けて関心も熱くなっている。

一方SBSドラマ「ストーブリーグ」の6回は今日SBS芸能大賞生放送のために欠放する。毎週金曜日、土曜日の午後10時放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44930-b0c5f0dd

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR