FC2ブログ

「ダッキング」イ・ミンホ・「サイコ」キム・スヒョン "川空人気、私は継ぎ合わさる」

<


俳優イ・ミンホ(左) -キム・スヒョン。写真提供|スポーツ東亜DB・キーイースト

11月に放映終了したKBS 2TV「椿咲く頃」を介して前と後の姿を眺める視聴者の視線を明確に変えるだけ'大当たり」を放った。劇中忠清道方言の代謝をおいしそうに駆使し純愛、コミック、迫力、家族愛など変化に富んだ顔を見せた。映画「青年警察」「ドンジュ」などのスクリーン活躍を通じて早くから実証した演技力にスター性までより、最高の評価をもたらした。今年テレビ劇場の「興行アイコン川空である。その後、彼は2019年に享受した栄光を、2020年には、果たして誰が占めだろうか。

現在までで最も有力な候補でイ・ミンホとキム・スヒョンが議論されている。軍服務などで長くは5年間お茶の間を離れている戻ってくる時期が近づくこれらのカムバックを待っているファンの期待感が急増している。

30代演技者を代表してお茶の間を導く「二大山脈」に選ばれる二人は、韓流人気に運転通うという点で、まるで「宿命」のように比較の対象となるしかない。お茶の間で常勝疾走してきた二人が、過去の空白の懸念を無色にする活躍を繰り広げることができるか心配だ。

イ・ミンホは、今年4月に除隊するやいなや復帰作でSBS「ザ・キング:永遠の君主」を選択した。キム・ウンスク作家と再会して「よくすることができる「より」もする」の分野を攻略する。先に「青い海の伝説」「相続人」などで見せてくれたカリスマと「ホ当たり」の性格が適切に混ざったキャラクターの魅力を皇帝と呼ばれる設定を活用して一層アップグレードする勢いだ。

キム・スヒョンは、変身を掲げ。ケーブルチャンネルtvN「サイコでもいい」で精神病棟保護士役を演じ、表と裏が全く異なるキャラクターを披露する予定だ。ルックスと性格など表面上は完全に見えますが、自閉症の症状がある型を面倒を見かろうじて一日一日を生きていく人物だ。以前の出演作である「プロデューサ」「星から来たあなた」などで見せオリバリハンながらもロマンチックな雰囲気をぷんぷん漂う時とは全く違う姿で視聴者の期待感を育てている。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 26.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44917-bcfa37f1

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR