FC2ブログ

「もう踊ることができない」... デビュー15年目の歌手キム・ヒチョルの悩み



グループスーパージュニアのメンバーキム・ヒチョルが自分の現在の体の状態を明らかにした。

去る9日放送されたKBS Joy「何でも聞いて菩薩」は、グループスーパージュニアのメンバーキム・ヒチョルが出演した。

この日キム・ヒチョルは、 "私"のスタジオ音楽堂」というプログラムをしている。ご存知のように私はロック音楽がとても好きである。10代と練習生時代はロックバンドの夢があった」とし「このプログラムをしながらその夢が浮かび上がる。だから、最近の作曲家に会って仕事をする。しかし、40代されていく再び最初から夢を見てもされている悩みだ。年を取るほどの新たな挑戦が少し怖い」と打ち明けた。

続いてキム・ヒチョルは「イ・スマンも私のアルバムと個人の活動を積極的に支持してくれる。しかし、あえて10代の夢を40代に貸してもされている気になる」と付け加えた。

これソ・ジャンフンは「夢と年齢は何の関係もない。あなたがしたいようにすれば良い」としたが、イ・スクンは"キム・ヒチョルがスーパージュニアのメンバーでもあるが負傷のためにダンスを不得意」と伝え気がかりなことをもたらした。

オリジナル表示
(写真= KBS Joy「何でも聞いて菩薩)
これは、キム・ヒチョルは"そうだ。私は約5年程度に最後の検診をした。跳ねたり踊ったら本当に危険なことがあるという判定を受けた」とし「その時」私は今、何を食べ住ん?」という考えをした。幸いなことに芸能の方をしても解け」内の長さに見えるんだな」だった」と回想した。

引き続き彼は"ところで私の音楽的な夢と欲があるじゃないか。チームの活動ができないために、単独で歌を出せばファンは裏切られた感じだろうか。申し訳ない気持ちが大きい」と述べた。

特にキム・ヒチョルはメンバーに申し訳た。彼は「コンサートツアーを回っウニョクが舞台演出を尽くす。ウニョクは私の状態を配慮してくれる」とし「メンバーたちは汗を流し苦労に私リフト乗るから私も迷惑だと感じたりする。一度は舞台裏で「私ずっとそうするのが合うのか?」と思った」と告白した。

キム・ヒチョルはまた、「過去カン・ホドンが私にくれた言葉がある。あなたは本当に多くの愛を受けるだろうよ。ところで、実際にある」とし「練習生時代にはバスキングしてツアーしてそうだといいなと思っていた、あまりにもとんでもないチームに会ってとんでもない愛を受けている。どのようにお返しをしてくれるかどうか、幸せな負債に積み上げている」と感謝を表した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 10.2019   0 comments   0 trackback
Category :未分類

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44800-aa96dd77

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR