FC2ブログ

防弾少年団、ビルボード2019決算チャート独占!。グローバルスーパースターの威厳[公式]



防弾少年団が米国ビルボードの年末決算チャートをさらってグローバルスーパースターの存在感を改めて証明した。

12月5日(以下現地時間)、米国ビルボードが発表した2019年の年末チャート(YEAR-END CHARTS)によると、防弾少年団は、「トップアーティストデュオ/グループ」2位、「トップ・アーティスト」15位を占めた。

防弾少年団は、「トップアーティストデュオ/グループ」と「トップアーティスト」チャートですべて韓国歌手としては初めて、3年連続の名前を上げた。トップアーティストデュオ/グループ」チャートは2017年から3年連続で2位を記録し、「トップ・アーティスト」チャートは2017年から順位に上がる底力を見せた。

また、「ソーシャル50アーティスト」、「ワールドアルバムアーティスト」、「ワールドデジタルソングアーティスト」、「インディペンデントアーティスト」チャートで1位、「トップアルバムセールスアーティスト」チャート3位、「ビルボード200アーティスト」チャート26位に上がって主部門チャートを席巻した。

だけではなく、4月に発売したMAP OF THE SOUL:PERSONAと、昨年発売したLOVE YOURSELF結」Answer」は、「トップビルボード200アルバム「チャートでそれぞれ51位、118位を占めた。MAP OF THE SOUL:PERSONAは「ワールドアルバム」、「インディペンデント・アルバム「チャートで1位を記録した。

特に、「ワールドアルバム」、「インディペンデントアルバム」、「トップカレントアルバム「チャートで防弾少年団は、MAP OF THE SOUL:PERSONAをはじめ、LOVE YOURSELF結」Answer」、LOVE YOURSELF轉」Tear」、LOVE YOURSELF承」Her」 、BTS WORLD OSTまで5つのアルバムが並んでランクに上がって防弾少年団の全世界的な人気を証明した。

防弾少年団の所属事務所ビッグヒットエンターテインメントは「ワールドアルバムラベル」、「ワールドアルバム仕入れ」、「インディペンデントインプリント」チャートですべて1位を占めたと述べた。

加えて、防弾少年団は、ビルボードが発表したツアー決算チャートである年末ボックススコアチャート(2019 Year-End Boxscore Charts)で強力なチケットパワーを見せた。ツアー総売上高の成績を基準にした「トップ40ツアー」で3位に上がった、会場の売上成績を基準に順位を付けた「トップ25ボックススコア」で6位(米国ローズボールスタジアム)、10位(バンコク、タイと網ガラ国立競技場)、12位(米国ニュージャージーメットライフスタジアム)、13位(パリ、フランススタッド・ド・フランス)、14位(ロンドン、イギリスウェンブリー・スタジアム)、16位(シカゴソルジャーフィールド)、25位(ソウル蚕室オリンピック主競技場)など、最も多くの会場を順位に進入させた。

ビルボードが毎年発表する年末チャートは一年の間に、各部門で最も頭角を現したアルバムや曲、アーティストを選定して順位を定める。今回のチャートは、昨年11月24日から今年11月16日までの各種チャートの成績をもとに順位を発表した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2019   0 comments   0 trackback
Category :未分類

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44781-78e3a242

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR