FC2ブログ

「今は王み波」... チャン・ヒョク、「私の国」につながった時代劇の人生キャッシュ[インタビュー総合]



俳優チャン・ヒョクが時代劇の愛情を自慢した。

去る26日、ソウル江南付近カフェでJTBCグムトドラマ「私の国」でイバンウォン役を演じたチャン・ヒョクインタビューが行われた。

「私の国」でイバンウォン役を消化したチャン・ヒョクは劇中で李成桂(キム・ヨンチョル)と対立しながら王座の欲を出すキャラクターの姿をよく描き出してもう一度の人生キャラクターを描いた。特に彼は、映画「純粋の時代」で一回イバンウォンを描いたことあったけど、今回再び挑戦して注目を集めた。

大衆に深い印象を与えた「チュノ」から「根深い木」を引き続き「私の国」まで、チャン・ヒョクは現在「史劇職人」に生まれ変わった。

この日会ったチャン・ヒョクは「イバンウォンは「純粋の時代」で一度表現したが、物足りなさが残った。だから、いつかは再びみたかった。その時「私の国」の提案が来た人物が立体だったよ。だから、歴史に残っているイバンウォンの枠組みは、維持するが、感情的な部分を表現したかった。監督もオッケーいただき、私も涼しく描いたようだ」と話した。

おかげで物足りなさも振り払うことができた。チャン・ヒョクは「映画2時間ではなく、時間的な制約が少ないた。それで書士もよく解いていくことができた」と話した。

20191128104323a47.jpeg

人生のキャラクターをもう一度描いた視聴者の評価に「とても感謝している」と暗示したチャン・ヒョクは「「確かに感情の臼杵が多くのキャラクターを取る場合よりいい」という考えがしたよ」と冗談を言った。

「ほとんどの人は、「王子の乱」について知っているだろうと思っていたので、かけ離れた話に行けば共感形成が容易ではないようだった。多くの人が知ることができるキャラクターに他のチュクミョンを示してくれれば、より説得力があるだろうと思った。」

「待望」、「チュノ」、「根深い木」、「商売の神-客主2015」、「私の国」などチャン・ヒョクは時代劇で有毒存在感を発散する。これチャン・ヒョクは「時代劇をしたときは、キャラクターが普段よりアップダウンが多い。時代背景も、現代と比較したときちょっと極端な世界だから。だから、時代劇が与える感じが確かに違うようだ」と時代劇の魅力を語った。その一方で「時代劇はとても好きなようだ」と認めたりし。

201911281043239c4.jpeg

特にその中で「チュノ」のイデギルケリクトウンチャン・ヒョクと代表的に言及されている人物であるほど、深い印象を残した。継続的に「大吉が'という修飾語がつくことについてチャン・ヒョクは「私はすでに多消して思うんだけど、視聴者の方は、残っているようだ」と笑った。しかし、「仕方ない。視聴者がキーを握っているんではないか」と付け加えた。

時代を行き来して、多くのキャラクターを表現してきたチャン・ヒョクは、今後挑戦したいジャンルの「高麗時代と朝鮮時代を試みた。他の時代はやったことがありませんが、実際にこれまでのところ、朝鮮時代が面白いようだ」と冗談を言った。

その一方で「王」という桁の欲を出すこともした。チャン・ヒョクは「一度は王を必ずしてみたい。まだ王をやったことがないようだ。直前の状況までが長いした」と最後まで気の利いた言葉を伝えた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 28.2019   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44707-c414fbfd

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR