FC2ブログ

ク・ヘソン「アン・ジェヒョン、ドラマキャスティングの後に離婚しようと...捨てられた感じ」[総合]



▲ク・ヘソンが女性東亜とのインタビューでアン・ジェヒョンと結婚生活から離婚プロセスまで打ち明けた。ソースlク・ヘソンSNS
俳優ク・ヘソンが、夫アン・ジェヒョンとの結婚生活から離婚プロセスまで細かくされ指摘した。一時「愛屋夫婦」で多くの人々の羨望を買った二人は、現在離婚訴訟中である。

女性東亜は26日、ク・ヘソンと単独インタビューを公開した。ク・ヘソンは、インタビューでアン・ジェヒョンと結婚ビハインドから幸せだった結婚生活、離婚までに、率直な本音を打ち明けた。

去る8月には、ク・ヘソンは自分のインスタグラムに夫アン・ジェヒョンと結婚3年ぶりに破局の危機と直接発表した。「愛屋夫婦」の破局は、世間の話題を集め、派生記事もあふれた。ク・ヘソンは当時を回想し、「両親は記事が出て、私は死ぬがされたした」とし「(離婚)の記事は、私は後に性格が変わった。怒るスタイルではないが、攻撃性が非常に高くなった。みんな驚いて心配した。病院に一ヶ月間入院をした。今は心が静かになった」と告白した。

続いて「多くのことを後悔らしく私自身も第行動が納得されていない部分があるが、誰を憎む感情があまりにも大きくてきた行くと耐え大変だったようだ」とし「とても信じ人と許しがないされ、怒って与えるような瞬間もあった」と付け加えた。

2019112722104531a.jpeg

▲ク・ヘソンが女性東亜とのインタビューでアン・ジェヒョンと結婚生活から離婚プロセスまで打ち明けた。ソースlク・ヘソンSNS


何よりもク・ヘソンの両親はアン・ジェヒョンとの結婚を反対したという。ク・ヘソンは「お母さんは結婚すれば自分の人生を生きる大変だから、私だけ自分の仕事をしながら旅行も通って自由に生きる道を見た」と述べた。ク・ヘソンがアン・ジェヒョンを人事せ行こう両親は「生きながら愛が式をすることもあり難しい節目が多いのにそんなことをよく一緒に渡すことができる人なのか、もう少し時間をかけて経験見るのが良くないか」と話した。

それでもク・ヘソンは、アン・ジェヒョンとの結婚を強行した。当時、彼は恋愛をさらにしたいなかった。ク・ヘソンは「アン・ジェヒョンに「結婚して責任を負う愛をしたい。それとも別れよう」とした。アン・ジェヒョンは、結婚しようとした。そう走ってくる人は、初めてだった」と伝えた。

これと関連し、ク・ヘソンは「このようなことがボルオジョトゴ、結局は私の選択だったから」私が間違ってたのか、どこから間違ったのだろう」このような考えをするようになった」と告白した。それとともにク・ヘソンはアン・ジェヒョンと結婚生活について「悪い日がそんなに多くなかった。戦うこともなかったし、お互い嫌い仕事をあまりしていなかった」と述べた。

ところがク・ヘソンは「彼がドラマの主人公にキャスティングになってからの行動が変わった」とし「運動をしなければならないと、朝早く家を出て夜遅くに酔って家に入った。6月には、オフィスビルを得て行った。一ヶ月の間に連絡がないされた時も「集中して練習する時間が必要なのか、より」と考えた。ところが、自由に生きてたいと離婚しようとしたよ」と当時を説明した。

続いてク・ヘソンは「結婚してから(放送)の仕事を多くしていなかった。夫が仕事が多くなり、誰かが家事をしなければならいた」とし「夫は成長する間、私は退化し、従って捨てられた感じがした」とアン・ジェヒョンに離婚話を聞いたとき心境を伝えた。

また、「初めて二人に会った時は、私の先輩であり、その人が私を尊重してくれた」とし「家事がどれだけ重要すっかり無視されるようで、私の足かがないと捨てられるようだった」と吐露した。

2019112722104524d.jpeg

▲離婚訴訟中のク・ヘソン(左) -アン・ジェヒョン。ⓒハンフイジェ記者

この点で、アン・ジェヒョンと破局をSNS暴露に重ね知らせたことク・ヘソンは反省しながら振り返ってみた。彼は「正気ではなかったのだ。デビューして15年が過ぎたが、私に向け悪質な書き込みや嘲笑に一度も怒ったり怒ったことがない。深刻となるだろうと思ったのでそのようなことがあっても笑って渡した。ところが今回はそれが崩れた」とした。

また、ク・ヘソンは「かなりの日には、笑って移るつもりな離婚をどのように愉快に渡すできますか。私は付き合っていた男に別れ通報を受けたのではなく、家族に捨てられた」とし「だから病気悲鳴を上げた。私は彼が同じ所属事務所にも会社が一方的に一人の方に立ったので、私としては、私の立場を知らせる他の通路がなかった」と釈明した。

それとともにク・ヘソンは「誤解する部分もあり、悔しい部分もあるが、仕方ない。いつかは多明らかになるだろう。その人も悔しい部分があると思う」と淡々に話を続けた。

最後にク・ヘソンは離婚訴訟にどのように対応していくのか尋ねると、「離婚はしなければならない。その人は、再び私を見ることがない」とし「何よりも、その人が出ての私生活を会社と相談した部分は、受け入れ難い」と答えた。

アン・ジェヒョンと破局の危機を知らせたク・ヘソンはその後も継続してアン・ジェヒョンが「離婚油冊子」と主張し、それに裏打ちされた状況を暴露してきた。特にク・ヘソンは「渠状態で多数の女性と密接して頻繁に連絡」「アン・ジェヒョンは、私(ク・ヘソンが)セクシーではない離婚を望んでいる」「手出し、暴露」「浮気」などアン・ジェヒョンに致命的な内容を教えてきた。

しかし、ク・ヘソンは、先月、ポストをすべて削除した。それとともにク・ヘソンは「今私ほど腹いせをしたので、彼は今ここに表示されることはないだろう。彼はもう愛していないので、」とSNS暴露戦を終える兆しを見せた。実際にそれ以来ク・ヘソンのSNSではもうアン・ジェヒョンの痕跡を見つけることができなくなった。

アン・ジェヒョン側ク・ヘソンを相手に9月、ソウル家庭裁判所に離婚訴状を受理し、ク・ヘソン側も「アン・ジェヒョンを相手に離婚訴訟の反訴をお受けする計画だ」と明らかにした。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2019   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44700-db2e5853

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR