FC2ブログ

「バガボンド」イ・スンギ「スジと呼吸チョンチョン。先輩たちにたくさん学んで、「[★FULLインタビュー]



SBSグムトドラマ「バガボンド」の車甘いだろう駅のイ・スンギ

アクション俳優と言っても過言ではない。歌手兼俳優イ・スンギ(32)が「バガボンド」を通じて、自分がアクション演技もできることを証明した。

イ・スンギは最近、ソウル江南のあるカフェで、SBSグムトドラマ「バガボンド」(脚本ジャンヨウンチョル・ジョンギョンスン、演出誘引式)放映終了インタビューを行った。

イ・スンギは、「バガボンド」で甥を疑問の飛行機テロで失った元スタントマン次甘いだろう役を引き受けた。

次甘いだろうの様子を表現するためにイ・スンギはアクションスクールを通わなければならなかった。彼はスタントマンではなく、俳優が直接演技をしなければならアングルがよく出てくると、可能な限り自分のアクションを消化しようとした。ただし、毎日、祈りの気持ちでけがをしないあたりたい望んだ彼はアクション演技が常に怖かったという。

しかし、ロマンチックコメディだけでなく、アクションジャンルによく消化して胸がいっぱいであると伝えたイ・スンギは、これからのアクション演技に挑戦してみたいと「バガボンド」シーズン2に向けた熱望を隠さなかった。

ロマンチックコメディに続いてアクション演技まで渉猟し、俳優として成長しているイ・スンギをスターニュースがあった。
20191127082441327.jpeg

イ・スンギ./写真提供=フックエンターテイメント


- 「バガボンド」の結末の後「シーズン2」への熱望が熱い。

▶私も「シーズン2」をしなければならないと考えている。まだ決定されたバーがないので、気をつけだ。「シーズン2」の提案が再び私に来れば当然本当らしい。

- 「バガボンド」でアクションシーンが特に多かった。負担はなかったか。

▶毎日祈っていった。撮影前の30〜40分ずつストレッチもした。怪我恐れていた。

-自分のアクションには、満足のいくもの。

▶とてもボールをかけ撮影したようだ。アクションシーンが演技の継ぎ目がなって重要だと感じた。そのため、5時間の間撮影シーンもある。

-アクションシーンに帯域はどの程度使ったのか。

▶帯域は現場にいつもあった。代役なし100%を消化することができる学習ない知っている。70〜80%を消化すると多くのとて下さいました。俳優が直接演技をしなければアングルで多くの制約が生じる。だから多くの調整をしていたようだ。

-アクション演技の自信を得たか。

▶アクション画像を得たのはいいのに、体がとても痛い。アクションは、アクション演技をする時だけでなく、普段の練習をしなければならいた。いつも緊張になった。それでも機会があればもう一度挑戦してみたい。

-武道監督が頼んだのがあるのか。

▶監督が「アクションは、最終的に迎えてくれるだろう」と声をいただきました。つまり殴ろうとすると傷が出てくるので、力をしない与えた、力をすべて与える隻、スムーズに演技することが重要なようだ。

- 「バガボンド」を通じて成長したと思いますか。

▶この作品を通じて最も大きく得られた贈り物は、「イ・スンギがアクションがかなっ」という反応だ。その前にメロやロマンチックコメディジャンルに精通してある画像があった。今回のドラマを通じてアクションが可能な俳優というタイトルを得てもいい。


イ・スンギ./写真提供=フックエンターテイメント


- 「バガボンド」で呼吸を合わせた樹脂との呼吸はどうだったか。

201911270824419c5.jpeg
▶樹脂とは、過去2013年放映終了した「九家の書」に次ぐ再会とより楽だった。お互いの現場でより慣れた状況だとおもしろく撮影をして、チョンチョンハン場面がたくさん出てきた。

-ムン・ジョンヒ、ムン・ソングン、ペク・ユンシクなど有名な中堅俳優たちとも呼吸を合わせた。

▶私こんな先輩たちと一緒に演技をすることができるということが機会であった。私たちの不足している演技を補完してくださったようだ。多くの煙が自由になり発展があった。

-俳優としてイ・スンギが考えている人気の秘訣は。

▶私は通常使う基良い人のようだ。話をよく聞いて熱心にするためであるようだ。情熱が多くのこと監督が好んで下さるようだ。

-イ・スンギは、「万能エンターテイナー」という修飾語がついて回る。

▶これに対して偏見も多く、そのような道を歩まれた方が多くないので、そんなことをこなし基難しかった。誰か後輩たちがガイドラインをキャッチする「イ・スンギという人があのように道を行ったなあ」ということを見せてあげたい。

-イ・スンギは、「正しいイメージ」が思い浮かぶ。

▶私は実際にこのような画像のために、よりオーバーするべきだと考えてはならないする。大衆に私のイメージがどの程度なのか知っているので、多少の妥協はするが、現状のままの姿をお見せしなければならない。もし私飾りに行動すれば、大衆は賢いのですぐに気がつくだろう。

-歌手としてのイ・スンギを見たいファンも多い。計画はあるのか。

▶まだ計画はあるが、具体的に推進がされた時申し上げたい。時期に合わせて出すというよりは、私に満足できるものになるいくべきだと考えている。一曲ではなく、複数の曲を発売して大衆と会う予定だ。

-引き受けてみたいキャラクターがいる場合。

▶スーツを着て、少し知的な専門職の役割をしてみたい。私には少し欠陥のある専門職が入ってくる。シックながらプロフェッショナルな専門職は、まだ提案が入っていないようだ。

- 「バガボンド」が視聴者にどのような作品に記憶されると、良いか。

▶韓国ドラマがとてもおもしろい。しばしばアメリカドラマだけ面白いと思っている。クオリティが良ければしばしば「ミッドだ」という言葉が定型化された。「バガボンド」を見て「韓国ドラマがクォールマークティリー高い」という言葉が出てくることができるよう「TVでこのようなコンテンツを見る」と思いまして欲しい。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2019   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44693-03f46fa9

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR