FC2ブログ

「二度はない」ユン・ヨジョン→グァクドンヨン、あきれる台本三昧‥ビハインドスチール



「二度ない」が俳優たちの台本三昧現場をキャッチした。

MBCの新しい週末特別企画「二度ない」(脚本グヒョンスク┃演出チェ・ウォンソク┃制作ファンエンターテイメント)は、ソウルの真ん中の古い「楽園イン」に集まったゲストたちが「人生の二度ない」を叫んで失敗と傷を乗り越え回復を夢見る愉快、爽快、痛快なサイダー戦記を描いたドラマだ。それぞれの事情を持って楽園インに集まった人々が一緒に部隊はめ生きていく過程で、暖かい家族愛を描き出す作品でお茶の間にパンポン笑いから温かい共感し、爽快なサイダー魅力まで渡すことと期待を集めている。

11月2日(土)夜9時05分に待望の初放送を控えている中、「二度ない」側が名品演技のために一瞬間も集中力を乱れカートリッジない俳優たちの撮影現場のビハインドスチールカットを公開し耳目を集中させる。

公開された写真は、ユン・ヨジョンをはじめバクセワン、グァクドンヨン、オ・ジホ、イェ・ジウォン、打ち込み人、ソング宝石用原石、そしてジュヒョンまでドラマを導いていく俳優たちの撮影現場の姿を盛り込んでいる。他のすべての撮影現場を捉えたものであるにもかかわらず、すべての俳優たちが約束でもしたかのように同じように手にした台本に超集中していて目を引く。屋外ではもちろん、セット撮影現場でも変わらず台本三昧に陥った俳優たちの熱い演技の情熱がすでに感心をかもし出す。

その中でも、パラダイスインの柱であり、中心的なユン・ヨジョン俳優がしばらく訪れた休み時間も手で台本を置かないでいる姿が印象的だ。国民俳優というタイトルにふさわしく、常に台本を研究し努力するユン・ヨジョンの冷めない演技情熱を垣間見ることができ、期待感をより一層高めさせる。

これに負けバクセワンとグァクドンヨン、オ・ジホ、イェ・ジウォン、そして打ち込み人と松原席秒集中モードを装着したまま台本に夢中になっている様子である。場所を問わず、一本の指紋も逃さないというようなシナリオを耽読するバクセワン、オ・ジホ、イェ・ジウォンの姿で「二度ない」に向けた熱意を確認することができる。続いてグァクドンヨンと打ち込んで、松原席本撮影に入る前に、監督のディレクティングに耳を傾けている様子が捉えられた。より良い結果を得るために、常に意見を交わすなどのキャラクターを生き生きと表現するための特別な努力がそのまま感じられる。

だけでなく、ジュヒョンの台本ヨルゴンスチールまた、視線を奪う。撮影中しばらくカットを叫んだの間でも、その場にそのまま立って台本から目を離せずいる姿が込められているからだ。特にジュヒョンは一緒に呼吸を合わせるユン・ヨジョンと暇さえあれば仕事の会話を続けていくなど、キャラクターの高度の集中力を披露しており、現場を暖かく作っているという。

このように代謝された節と小さな銅線の一つ一つまで丁寧に気を使う台本裂空モードの撮影現場の姿だけでも「二度ない」初放送から何名場面が誕生することになるのか期待が高まっている。これと関連し制作陣は「撮影現場で俳優たちの集中力と演技の情熱を見ながらいつも感心している。誰よりも自分のキャラクターを完璧に分析してくる俳優たちの情熱のおかげで良い作品が完成されているようだ」と感謝を伝えて"何よりも新旧世代を代表する俳優たちの演技呼吸がとても良いです。温かい現場の雰囲気が作品の中にも、そのまま溶かしれるようになるだろう。初放送期待いただいてもいい」と自信を表わした。

一方、MBC新週末特別企画「二度ない」は、「百年の遺産」、「伝説の魔女」、「月桂樹洋服店神社に」など毎作品ごとに30%を越える視聴率を記録した週末ドラマ興行不敗神話グヒョンスク作家と「願いを言ってみて」、「オージャリョンが行く」など、明るく温かい人間群像の姿を洗練された感覚で演出したチェ・ウォンソクPDが意気投合した作品である。「冬のソナタ」、「太陽を抱いた月」、「ドクターズ」、「安さ、マイウェイ」、「愛の温度」など数々のヒット作をリリースした「ドラマ名家」のファンエンターテイメントが製作を担当した。「二度ない」は「黄金の庭」の後続で来る11月2日(土)夜9時5分に初放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 31.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44468-fa75d73b

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR