FC2ブログ

「パスタ」2019 ver。」... 「シベリア先発隊」の5人の特別な完全体旅行



「シベリア先発隊」の旅5日ぶりに完全体に団結した選抜隊員はさらに強大になったケミに楽しさをプレゼントした。

17日放送されたtvN「シベリア先発隊」では末っ子イ・サンヨプの合流で完全体の旅を開始するアウェイチームの姿が描かれた。

この日イ・ソンギュンとキム・ナムギル、ゴギュピル、キム・ミンシクは3泊4日間の楽しい列車生活を整理してアルホンソムに向かうため至るク津駅に下車した。ウラジオストクからイルクーツクまで延々 4,102KMの長い旅だった。

キム・ナムギルとキム・ミンシクはレンタがピックアップを、イ・ソンギュンとゴギュピルは韓国料理店に向かった。イ・ソンギュンは「電車に適応されたたいから別の環境に適応しなければならカニ、恐怖とときめきが共存することが旅行の魅力ではないかと思う」と語った。

無事レンタカーレンタカーに成功したキム・ナムギルとキム・ミンシクはお早めに韓国式食堂に向かった。その時刻、韓国レストランに到着したイ・ソンギュンとゴギュピルは、様々なメニューをご注文は、後に四人は久しぶりに食べる韓国料理に嵐モクバンを披露した。心強く宿泊施設に到着した先発隊は「列車よりも優れている"とし、一日を終えた。

20191018085721616.jpeg

午前5時、最年少のイ・サンヨプは、フライトの遅れ、9時間、飛行3時間の合計12時間にわたって、ロシアイルクーツクから到着した。

ほとんどの情熱も、意欲もあふれるイ・サンヨプは格別な活躍で笑いを加えた。生存ロシア語を学んできたイ・サンヨプは、空港に降りてすぐタクシー運転手と料金交渉をしようとしたり、スーパーでセンスを発揮し章を見て楽しみを高めた。また、直接車を運転し5時間を動かすべきであるアルホンソムに向かう長い旅では、声帯模写シリーズで愉快な時間を作ることもした。特にキム・ナムギルはイ・サンヨプのエネルギーに「ミンシクより一枚上」と表現、キム・ミンシクは「私も耐えないしたい」と逃げて笑いを抱かもした。

201910180857214bc.jpeg

シェフイ・ソンギュンを筆頭に「2019パスタ」も再演された。

先発隊はバイカル湖のサヒュルタマリーナからフェリーに乗ってアルホンソムに向かった。バイカル湖のすぐ目に見える宿は感心をかもし出した。

荷解き料理を始めた選抜隊員たちはシェフイ・ソンギュンの主導の下、役割を分けて「完全体の最初の食」を準備した。夕方メニューはジャージャーメン、チャーハン、ロシアの式バーベキューであった。まずボクウムバプから始め、ジャージャーメン、バーベキューまであっという間に完成した。先発隊の人気メニューはジャージャーメンだった。弟の嵐モクバンに満足げな微笑を建てるシェフイ・ソンギュンだった。

末っ子イ・サンヨプの合流と選抜隊員の最初の居住地アルホンソム旅行はしばらく横断列車を脱し風変りな楽しさをプレゼントした。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 18.2019   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44355-b1ec8f48

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR