FC2ブログ

「私の国」200億大作にふさわしいウェルメイド史劇予告



「私の国」が200億大作の重量に耐えた。

去る4日に初放送されたJTBC新しいグムト極」私の国」は、1次王子の私に始まった。オープニングから吹き荒れた。チャン・ヒョク(イバンウォン)の指示に従って動くヤンセジョン(ソフィ)、ヤンセジョンに対抗刃を狙うウド環(ナムソンホ)の対決が心臓をチョルギトにした。1回の視聴率は全国の3.5%、首都圏3.8%を記録し(ニールセンコリア、有料世帯基準)した2回は全国3.8%、首都圏4.0%、毎分最高視聴率は4.7%まで上昇した。

ウェルメイド史劇面貌は、歴史的に中心に立っている李成桂やイバンウォンのストーリーではなく、その周辺の人物であるという点で埋めた。その人物は、それぞれの痛みを持っていた。ヤンセジョンは父を失った後、病気の弟の世話をひどい貧困と戦った、ウド環立つと身分のため、父の外面を受けた。ギムソルヒョン(ハンフイジェ)は母親を失った後ヤンセジョン父の助けを受けて命を購入した状況。以後、社会体制に反発、男装をしてビョクソに自分の意志が込められた文書を付けるビョクソ犯がされた。社会反抗的なイメージだった。三人を中心に検討後期から朝鮮に移る歴史的過程を込めた。各自が胸に抱いている私の国は違う。

現在ヤンセジョンに国は米であり、ウド環には、自分の運命を反転のための手段であるが、これらの一連の過程を経て試練を経験して成長するにつれて価値観が変わると思われる。特に2回目にヤンセジョンとウド環親しかった親友関係で敵対的な関係にずれた。10年後の対蹠点に立って刃を向け置くされた背景が徐々に水面上に現れる見通しだ。

重量感ある時代劇である。映画のような派手な映像美と迅速な展開、アクションが添えられた。ファンタジー史劇ではなく、古典的な感じを生かしたアクション史劇がお茶の間を訪れたこと自体が久しぶりだ。ここで爽やかヤンセジョンとギムソルヒョン・ウド環に延期ベテランキム・ヨンチョル・チャン・ヒョク・アン・ネサン・ジスンヒョンが調和され相乗効果を発揮し、没入もある話で視聴者たちを導いている。

大衆文化評論家ジョンドクヒョンは「朝鮮建国の素材自体がよく出てきた話なので、ちょっと明らかな感じだ。友達の裏切りのために辺境に押し出さすべてを失ったが、複数構造は、映画「グラディエーター」を連想させる。あまりにも精通している感じ「ながらも「この作品は、キャラクターをよくした。「土カトラリー」感じの主人公を作って、そのキャラクターが欲しい新しい国、夢が実現することができる国になる過程を盛る。そんな企画のポイントが良い。若い友人が感じる生まれな限界、剥奪感を大切にした感じだ。そして、時代劇と政治史劇をたくさん思い出すのにアクションポイントが合わせられたアクション時代劇である。観光は、基本的に敷かれている」と評した。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 08.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44269-e0f2a136

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR