FC2ブログ

「走る調査官」イ・ヨウォン、洞察力に警察テイあれ鎮圧死亡実体把握



「走る調査官」イ・ヨウォンが深い洞察力で、警察のテイザー・ガン抑制死亡事件の実体を把握した。

去る2日放送されたOCNオリジナルドラマ「走る調査官」でイ・ヨウォンは、いかなる状況でも揺れない中心と粘りで事件鎮圧や捜査の過程で、人権の侵害かどうかがあったのかを確認する「人権増進委員会」の調査官」ハンユンで'役で出演して、労組幹部と組合員との間のセクハラを装った大企業のガプジル事件と濡れ衣を着せられて容疑者と目されて収監中に自殺した外国人労働者の事件など冷徹な洞察力と心からの陳情人と周囲の人のために共感まで引き出す場面などを披露した。

調査官「ユンソ」が新たに遭遇事件は子供の頃からの友人である、彼らが酔いしれ起こった事件で申告を聞いて出動したジョングァンテ経緯(ツェホングである)が鎮圧の過程の間に使用した「テイあれ」で発生した死亡事件の過剰鎮圧するかどうかを確認する過程が描かれた。

調査の過程の中で特別な正義感で行動する検察派遣捜査官「倍ホンテ」(チェ帰化)と一緒に事件現場を訪れ、事件の行跡を一つ二つ追跡していたユンソは、目撃者の3人の証言が過度に姿勢という点で疑問を持つがより確実な証言を確保するために、残りの参考人である高校教師」ジョンウォンチョル」が在職中の学校に向かいましたが、未知の場所に出張中というニュースを聞いて足を向けた。

迷宮の中に陥った場合には遮られていたユンソは修学能力試験が残り少なくなかったニュースを見て「ジョンウォンチョル」が大学修学能力試験出題により桁を空けたという事実を思い出しジョブサンにしばらく外出を出た」ジョンウォンチョル」を訪ねて行った。

最後の証言の終わりまでには、ユンソは、事件の場所にあったこれらの友人の突然の死に起因する負担に各自が信じたいところに記憶が操作されていることを気づいてジョンギョンウィを犯人にしたことを順次推論して、既存の参考人が主張していた「過剰鎮圧」ではなく「鎮圧途中起きた誤射事故」との結論を下した。

イ・ヨウォンの所属事務所マネジメント区」「走る調査官」の特性上、毎週違ったエピソードの詳細な没入と社会全般の細密な描写も見ることができている」とし「イ・ヨウォンは、その中に多くの作品で、様々な状況の集中度の高いヨルヨンルル広げただけに、今回の作品でも間違いなく全力を尽くす」と述べた。

続いて「残りのエピソードの活躍と調査官ユンソの隠された内膜にも、最後まで多くの関心をお願いする"と伝えた。

一方、OCNオリジナルドラマ「走る調査官」はでき〜木曜日の夜11時に放送中だ。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2019   0 comments   0 trackback
Category :未分類

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44238-7603c3ff

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR