FC2ブログ

チョン・ウソン・イ・ハニからイムユンア・コックピットまで... 24回BIFF輝かせる華やかな★饗宴



韓国映画100周年を迎え、国内最大映画祭である釜山国際映画祭に多くのスターたちが訪れる。

第24回釜山国際映画祭は、3日から12日まで行われる。特に今年の韓国映画100周年を迎えた意義深い年だから、多くのスターたちが釜山を見つけ桁を輝かせて10日間の祭りをハムキェする。

3日午後7時行われる開幕式は俳優チョン・ウソンとイ・ハニが社会を務める。多数の作品に出演して韓国映画を光らせ、落ち着い話し方を誇る二人だけに、これら披露進行呼吸にも関心が集められる。

イ・ハニと、今年最初万映画「極限職業」(イ・ビョンホン監督)の主役たちも釜山を訪れる。俳優リュ・スンニョン、ジンソン規制、李東輝、共鳴が釜山を見いだし「エグジット」(イ・サングン監督)のコックピットとイムユンアも席を輝かせる。「愉悦の音楽アルバム「(チョン・ジウ監督)で浮かぶ「メロー職人」であることを立証した決まり、インド釜山を探す。ジョンヘインは4日午後1時CGVセンタムシティで行われる観客との対話にチョン・ジウ監督と一緒に参加し、より近い場所で映画ファンと会う。続いて9日には、映画の殿堂野外舞台で行われる野外舞台挨拶に出席します。
201910030938315d7.jpeg

映画「極限職業」の俳優リュ・スンニョン(左から)、ジンソン規制、イ・ハニ、李東輝、共鳴。写真| チェスンソプ記者thunder@sportsseoul.com
グループエキソのリーダーで俳優としても活動を広げている俳優キム・ジュン面(守護)も釜山国際映画祭開幕式のレッドカーペットを踏む。キム・ジュン面は、第4回マカオ国際映画祭の広報大使の資格で釜山国際映画祭に参加し、映画祭で一緒にする。

第72回カンヌ映画祭最高賞に該当するパルム・ドールを受賞した「寄生虫」(ポン・ジュノ監督)のチョ・ヨジョンとバクミョンフンをはじめオム・ジョンファ、チョ・ジヌン、ソン・ヒョンジュ、イ・ジョンヒョン、チョン・ウヒ、ギムウイソン、権慄、ユダヤああ、ユージーン、キム・ヘソン、ベジョンナム、キム・ギュリ、二列まあ、ソ・ジソク、権海孝、チャン・ヘジン、テイン号、イガソプ、ソン・ウンソなど俳優たちが開幕式に出席し、レッドカーペットを輝かせる。韓国映画界の大星であるキム・ジミ、アン・ソンギとイム・グォンテク監督なども開幕式に一緒にして映画祭に力を乗せる。

チュ・ジフンはロッテカルチャーワークスの「ハッピーエンディングスターチェア」の主人公に選ばれて4日午後1時30分ロッテシネマ解放で行われるイベントに参加する。チュ・ジフンが出演して強烈な印象を残した映画「雌雄殺人」(キム・テギュン監督)が上映され、映画のビハインドストーリーと俳優として様々な話を交わす予定だ。
2019100309383108d.jpeg

俳優ジョンヘイン(左上から時計回りに)、キム・ヒエ、キム・ジュンと、チョ・ヨジョン。写真| チェスンソプ・バクジンオプ記者thunder@sportsseoul.com
釜山国際映画祭は、今年から海雲台海水浴場で運営してきビーフビレッジを、映画の殿堂一帯に移した。映画の殿堂野外舞台で行われるオープントークにも多くのスターたちが一緒にする。開幕式を輝かせた「エグジット」のコックピット、イムユンアをはじめ、「極限職業」のリュ・スンニョン、イ・ハニ、ジンソン規制および「誕生日」(イジョンオン監督)のチョン・ドヨン、「未成年」(キム・ユンソク監督)のキム・ユンソク、ヨム・ジョンアなどがオープントークに参加観客とより密接に出会う。実際の恋人である「焦眉の関心事」のナムヨンオ監督とチーター(キム・ウンギョン)も監督と俳優として一緒に野外舞台挨拶に参加する。

南浦洞ビーフ広場では「キム・ジミを知ってい」プログラムが行われ、4日にはキム・ジミとアン・ソンギ、5日にはキム・ジミとチョン・ドヨンがオープントークを進行する。チョ・ジヌンとキム・ギュリも先輩キム・ジミのための特別なプログラムに一緒にする。

韓国映画100周年であるだけに、韓国映画を輝かせた監督たちも釜山を輝かせる。イ・チャンドン監督は、フォーラムビーフセクションに参加しイム・グォンテク監督とパク・チャヌク監督は、各自の代表作に数えられる「西便制」、「オールドボーイ」で観客との対話に乗り出す。

昨年カンヌ映画祭パルムドールの主人公である日本の是枝裕和監督は新作「パビアンヌに関する真実」を持って釜山を探す。是枝裕和監督は、今年のアジア映画印象に選ばれた。

閉幕作「ユニに「(賃貸型監督)の主役キム・ヒエも釜山を探して観客と疎通する予定である。

何よりも、ハリウッド俳優ティモシーシャルラメも釜山を経由初来韓する予定だ。ティモシーシャルラメは映画「インターステラ」、「コール米バイ・ユア・ネーム」で、国内も厚いファン層を誇る俳優だ。ティモシーシャルラメが出演したネットフリックス映画「ザ・キング:ヘンリー5世」は、釜山国際映画祭に招待され、彼も韓国を訪れるなった。

多数の韓国映画に出演して、釜山国際映画祭をよく訪れた「常連スター」オダギリジョーも今年釜山に来る。何よりもオダギリジョーは初の長編演出作である「ドイツの話」を釜山で公開して意味をよりになった。

このように韓国映画100年を迎え、多くの国内外のスターたちが参加する第24回釜山国際映画祭は、カザフスタン映画「言葉泥棒たち。時間の道」(例えば、ルルラン押し無カムベトフ監督)が開幕作に選定され、映画祭のドアを開いて、閉幕作は「ユニに」が選ばれた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 03.2019   0 comments   0 trackback
Category :イベント

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44236-dca3bdad

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR