FC2ブログ

イム・シワン "「他人は地獄だ」という挑戦だった作品"



俳優イム・シワン(30)が「他人は地獄だ」の放映終了について言及した。

イム・シワンは、2010年、男性音楽グループ帝国の子供たちのメンバーとしてデビューした後、2012年MBCドラマ「太陽を抱いた月」に子役で出演して注目を浴びた。以後、2013年には映画「弁護人」を通じて映画俳優に成長したし、tvNグムトドラマ「微生物」(2014)で主人公章はい役を務め、視聴者たちに挨拶の実績を適切にとった。過去2017年のスター帝国との契約満了後は、俳優に転向し地位を固めたし、同年には映画「ワンライン」と「強盗:悪者の世界」で観客たちの愛を受けた。だけでなく、MBC月火ドラマ「王は愛する」の出演を終え、7月に入隊し、今年3月27日全域で大衆のそばに戻ってきた。

一時ワン除隊後初めて選択された作品は、OCN土日ドラマ「他人は地獄だ」(情も脚本、イ・チャンヒ演出)で、「他人は地獄である」は、キム・ヨンキー作家の原作ウェプトゥンをモチーフにした作品。「他人は地獄である」は、上京した青年が、ソウルの見知らぬ考試院生活の中で他人が作成された地獄を経験するミステリースリラードラマで、イム・シワンは主人公ユンジョンオ役を演じ細かい心理描写を見せて視聴者たちの好評を受けている。

視聴率面での成績は良くなかった状況。3%台を維持していた視聴率は先月28日7回放送分を起点に1%台を撮った。

イム・シワンは2日午前、ソウル鍾路区三清洞で行われたインタビューで、「いまだに惜しくようみよう俳優同士のメッセージを上げている」とし「その中監督が言葉が一番多い。監督が主に「今日の時間かした方」という。監督がコミュニケーションが好きで撮影をして面白いシーンや、そんなものあれば、本この段トクバンに上げて共有した」と述べた。

続いて「1部と2部を見てから私たちのジャンルが、このようなジャンルであることを知るようになったし、怖いのフィードバックを与える方に「そうなんだ」と思った。「私たちのジャンルが、このようなジャンルだった」たいだった。自分では1部と2部を見たときに面白く見た。監督が演技をするときの遊び場を作ってくれた。台本があるが、シナリオは参考程度を求める感じで開いてくれて、また特に演技をよくされる方を交渉をしてくれたので、演技で演劇をする感じだった」と明らかにした。

「他人は地獄である」は、イム・シワンの除隊後初の作品。重いジャンルを選択した理由について、イム・シワンは「重いものを選択したくてしたわけではない。引き続き聴いたり見ると慣れながら好感が生じる場合がありますが、よく理解「他人は地獄だ」自体を知っていたので、会社で、このようなシナリオが入ってきたアヌニャゴ質問ながら作品自体に対する好感が生じ、自然に選択するようになった」と語った。

一時ワン「他人は地獄である」を選んだデエヌン群後任の影響が大きかった。彼は「後任が普段の私の姿がちらりと見えるながら演技上手だとしてくれたよ。

復帰作として重圧があったはず。イム・シワンは「撮影スケジュールを見ながら、後悔がたくさんなった」と言いながらも「私は楽しく撮って満足度が高い。俳優たちともたくさん情聞いて、今回の作品は、演劇をしたようだ。ドラマの素材を多離れ演技的には満足度はされるように面白かった」と述べた。

201910021244006c5.jpeg

「他人は地獄である」の中で、一時的ワン主眼を置いたのはせっかくキャラクターを作らないこと。彼は「このキャラ自体が周辺人物たちによって変わっていくし、この文字自体が優しい人物が悪く変わっていくという設定を持てば、むしろダンジョロウルことができるという考えをした。ジョンウというキャラクターをキャッチするとジョンウは、単に「善良悪い」と見たとき悪い方に近い人物だと思った。この子がいいか悪いか曖昧途中49位悪者に表現することが複雑微妙に表現されていないかと思っそのような部分で悩みをたくさんした"と話した。

境界に立っている人物は、煙にくいバー。イム・シワンは「簡単ではなかったが、私には挑戦だった。「変わった」とすると、あまりにも明確に見えないか。ところが、そもそも暗い食があり、感情的にひたすら明るいだけではない友人がより暗くなるためには、感情的な何かがなければならない。簡単に行くために履き方を選択しようとする心はなかった」と話した。これに'一時ワンこんな顔もあったか」たい姿もあった坪のイム・シワンは「さまざまな顔を見たという反応があるなんて幸いである。周辺の方が多くの話をしていただきます。スタッフの方が演技を上手と言っていた。メイクをしてあるが、先生が不意に「どうしてここにその上手」とれる」と述べた。

続いてイム・シワンは「私が演技する時目指すところは、そのことだ。私も知らない新しい表情を見る演技を見ること。それに演技をするが、今回は私も知らなかった演技スタイルを発見したポイントは、突拍子合うが、怖いの神、劇的な新ず、日常的な神ではな​​いか。そんな神々を普段私によってはしたかった、ある程度表現がされているようだった。特に、その中から好きな作家の話が出た時すっきりしている途中、突然共感が形成されている話をするとき熱弁を吐くがあったが、その神面白く思って楽しく撮ったりした」と明らかにした。

20191002124400894.jpeg

暗いジャンルにもイム・シワンと俳優たちは「楽しい撮影の雰囲気」を維持することができた。イム・シワンは「これは完全に監督の性向である。このようなジャンルをしてもディプヘたり抜け止めようという気持ちを持っている。監督がそのようなモットーがなければ、私も自然に抜けて生きたのだ。そうした、監督傾向自体が楽しく楽しく、仕事をする時楽しくという注意と、そのおかげでひどく抜けず、現場でもふざけ笑っアクションも逃しそうほどだった」と述べた。

不気味なセットは、イム・シワンの没入に助けを与えた。彼は「最初にセット場に行った入るが嫌いで、場所自体が与える機運が不快なことがあったので、シュートがなければできるなら入らずそうだった。ずっと撮影をしながら俳優たちといたずら見て、不快な機運も忘れるくらい笑って騒いでだから、もうそれ気にならがなかったよ」と語った。

まだ公開されていない結末に対する満足感はある程度だろうか。イム・シワンは「結末は私に満足している。おそらく反転もあるだろう。私も10部だ撮ったが、10部の内容を知らない。今続け修正中だよ。どうだったでしょか。監督が10部とって「これされるように面白いのがこのように付ければ、この話あの付ければ私の話」と言っていた。監督に「聞き取れて聞く」というだけで、ドラマで確認するように言っていた」と話して笑いを誘った。

イム・シワンは最終的に「他人は地獄になってはならないというのが私たちのドラマのメッセージだ。一番大きな地獄のガールフレンドである著者がされていなかったか。本意いくら誰か明らか良くない人もいるだろう、誰一人信じてくれる人があった場合、ジョンウが、他の地獄のために地獄になったがジョンウが地獄になることができる環境の中で著者が防いた場合は、この惨事を防ぐことができるはずなのに心である。これについては、お互いが警戒心を持たなければならないだろうかと考えある"と述べた。

イム・シワンは6日、「他人は地獄だ」の放映終了後、映画「1947ボストン」の撮影に邁進する。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 02.2019   0 comments   0 trackback
Category :インタビュー

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44232-f56709fa

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR