FC2ブログ

カラ出身パク・ギュリ、動員建設会長孫と「熱愛」



カラー出身の俳優パク・ギュリ(31)がソン・スンホン前動員建設会長の長男ソンジャ号(24)キュレーターと3ヶ月目の愛を育てている。
パク・キュリはソン・スンホン前動員建設会長の長男ソンジャ号(24)キュレーターと6月、ソウルのMコンテンポラリーアートセンターの「落書き天才」ジョンバーガーマンショーで会っ共通の関心事である美術を通じて好感を築いてき恋人の間に発展した。

7歳年下のキュレーター...共通の関心事アートを通じて好感積み重ねてき恋人発展

ガールグループカラ(KARA)出身の俳優パク・キュリ(31)が7歳年下の動員ゴンソルガ孫と恋愛中だ。

韓流を導いた代表的ガールグループカラのリーダー出身で俳優のパク・キュリはソン・スンホン前動員建設会長の長男ソンジャ号(24)キュレーターと6月、ソウルのMコンテンポラリーアートセンターで開かれた「落書き天才」ジョンバーガーマンショーで会っ共通興味ある美術を通じて好感を築いてき恋人の間に発展したもので「ザファクト>取材の結果、明らかになった。「落書き天才」ジョンバーガーマンショーはソンジャ号キュレーターが主催した。

パク・キュリの所属事務所ドシエンティグローバル関係者は1日、「よりファクト>に"普段美術に関心が多かったパク・キュリは時間があれば美術館を通っジョンバーガーマンショーでソン氏と縁を結ぶなった。興味が同じ二人はお互いにに好感を感じて出会いを続けてきて、最近恋人になった」と熱愛の事実を確認した。

20191001171452eac.jpeg

パク・キュリとソンジャ号キュレーターが周辺視線を大きく意識せずにデートをしている。/ナムユンホ記者


<よりファクト>は、最近二人の恋人関係情報提供を受けた事実を確認した。パク・キュリとソンキュレーターは先月25日、ソウル市江南区清潭洞のあるレストランで夕食を共にした後、江南と蚕室近くで深夜デートを楽しんだ。ソン氏は、約束の場所に先に到着して、パク・キュリのを待って思いやりを見せた。年上年下カップルは通常の芸能人カップルとは異なり、周囲の視線を大きく意識しないながらも、スキンシップのない淡白なデートを続けた。

パク・キュリのボーイフレンドが公開されているのは、彼がデビューして13年ぶりに初めてだ。パク・キュリは2007年ガールグループカラでデビューした後、国内はもちろん、日本でも爆発的な愛を受けた。2016年初めにカラが解体された後、パク・キュリは演技に専念している。ドラマ「チャン・ヨンシル」「ムクゲの花が咲きました」、映画「二つの恋愛」「どのようにヘアだろうか」「それぞれの美食」に出演して多目的才能を発揮している。

今まさに愛を始めた恋人のデートキーワードは、お互いの「配慮」であった。

20191001171452c35.jpeg

先月25日午後6時ごろ、レストランで、まず入った人は、ソング氏だった。10分後、パク・キュリもレストランに到着して三時間近く夕食をし幸せな時間を過ごした。以後ソン氏が事前に準備した黒バンに乗って2次の場所に移動した。

パク・キュリもソン氏に特別な贈り物をした。彼女は2次の場所に移動する前に、江南の近くで車を止めた後、ケーキを準備した。関係者によると、この時期ソン氏は、自身が企画した展覧会を開催しており、パク・キュリは正常に展示会が行われていることを祝うために、小さなイベントを用意した。パク・キュリは現場に一緒に知人の助けを借りて秒をオンソンさんと写真を撮って、この日を記念した。以後二人は一バーでデートをした。

パク・キュリの所属事務所ドシエンティグローバル側恋愛事実を認めた。関係者は、「パク・キュリが美術に関心が高く、頻繁に美術館に行ったりしました。その過程で、自然ソング氏知ることになっ最近恋人に発展したと言っていた」と説明した。また、「美術という共通分母がお互いに最も大きく好感を感じた部分だった。良い感情で会っている。始めたばかりの恋人であるだけに、結婚を話す段階ではない。きれい会う姿見守ってほしい」と頼んだ。

ソン氏が勤務するMコンテンポラリーアートセンター側ソン氏とパク・キュリの熱愛について"キュレーター個人の仕事はお知らせすることができない」と線を引いた。

パク・キュリは先月30日、新会社ドシエンティグローバルと専属契約を締結した。チョン・グァンリョル、ソイスク、イ・ジェヨンなどが所属している会社。パク・キュリは、現在次の作品を置いて議論中、今年末から遅くとも来年初めドラマと映画を通じて大衆に会う予定だ。

ソン氏は、忠清道素材建設会社である動員建設㈜の孫である。動員建設㈜は水産専門企業動員グループの系列会社動員建設業界とは無関係である。動員建設㈜は1957年忠清道で設立された62年の伝統の企業である。ソン・スンホン会長が過去2013年まで経営を続けてきた。ソン・スンホン前会長の息子であるソンジェユン代表取締役が経営をしている。ソンジャ号氏は美術に関心が高くキュレーターとして活躍している。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2019   0 comments   0 trackback
Category :スターの恋

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44224-0296db0e

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR