FC2ブログ

「キャンプクラブ」再び団結したピンクル、芸能感度愛も思い出も最高!



14年が過ぎピンクルの魅力はさらに豊かになった。

29日放送されたJTBC「キャンプクラブ」の最終回では、ピンクルのメンバーたちの姿を描いた未公開映像が紹介された。

「キャンプクラブ」は、第1世代のアイドルピンクルメンバーイ・ヒョリ、オク・ジュヒョン、バイナリ、ソン・ユリが、14年ぶりに再び集まってキャンピングカーに乗って全国を旅する姿を描いてきた。

キャンプのビハインド映像が紹介されたこの日の放送。旅行を控えてサンスンとキャンプを準備するイ・ヒョリの姿も扱われた。イ・ヒョリは「ピンクル子供たちにワラビのパスタを作ることを約束した」と、自分が直接栽培したワラビを自慢した。

そしてイ・ヒョリは、ポータブルターンテーブルを取り出した。ピンクルメンバーたちと一緒に楽しい時間を過ごすための秘密兵器だった。サンスンは、このようなイ・ヒョリのためLPを探し始めた。この過程で、サンスンの音楽スタジオが画面に捕まった。科学実験室を連想させる巨大な装置でイ・ヒョリは、「ここは何?ラボとは?電気代すごく出つもりな」を叫んで笑いを誘った。

イ・ヒョリのようにメンバーたちは旅行を控えて、他の歯のための物品を準備する姿を見せた。バイナリはマグカップとの手紙を準備し、ソン・ユリはエアソファを購入した。

「翡翠シェフ」オク・ジュヒョンは、様々な料理の材料をいっぱい手にした。キャンプ期間中にメンバーたちのために「ヒスイシェフ」で活躍したオク・ジュヒョン。その料理を思い浮かべイ・ヒョリは、「(ユクゴギを食べていない)内の食品を別々に準備してくれることに感動を受けた」と話した。イ・ヒョリは" 考えてみるとオク・ジュヒョンは以前にもそうだった。常にメンバーを取りまとめる友達だった」と回想した。

キャンプをしながら頻繁に夫と通話をして愛屋の姿を見せたピンクルメンバーたち。通話中サンスンは「今どこ?」と尋ね、イ・ヒョリは「上旬休憩所。兄の顔ちょっと見上旬休憩所」と愛嬌あふれる答えた。

また、イ・ヒョリは、「私は昨日排卵日だった知っている?」と「今日も遅くないのにしばらくもくる?」と尋ねた。この言葉にサンスンは惜しんで「ちょっとあればされた」と答えた。バイナリとソン・ユリも合間をぬって、夫との通話で愛師の姿をいっぱい見せた。

一方、「私は結婚をしたくない」と言うオク・ジュヒョンに、イ・ヒョリは「結婚は必ずしなくてもと思って」と助言した。その一方でイ・ヒョリは、「私は一刻も離れたくない人を会った。だから結婚したんだ」と付け加えた。

放送の最後のシーンは、「私にピンクルとは?」という質問に答えるピンクルメンバーたちの姿だった。オク・ジュヒョンは「私が世界に出てくることができようにした種をまく」と答え、ソン・ユリは「どのような姿にか私はずっとピンクルある。私に種をまく」と同じ答えを出した。

バイナリは涙を見せた。彼は「忘れられない...。一生の思い出に残るようだ」と話したし、イヒョリウン特有のとんでもないことに「受精卵のようなものである。私はそこに生まれたから」と告白してみるこれ笑顔だった。ピンクルの思い出旅行はこうして幕を閉じた。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 01.2019   0 comments   0 trackback
Category :バラエティ

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44221-841a3908

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR