FC2ブログ

もうシーズン2か?」「アナログトリップ東方神起Xスーパージュニア、現場噛ん食べ「あの世」テンション(総合)



2019092714105484a.jpeg
20190927141054312.jpeg
"もうシーズン2か?ここでか?」

グループ東方神起(ユンホ、チャンミン)、スーパージュニア(イトゥク、シンドン、ウニョク、ドンヘ)が特別なテンションで「アナログトリップ」への期待を高めた。

27日、ソウル江南区三成洞SMTOWNコエックスアーティウムでYouTubeのオリジナル「アナログトリップ」の記者懇談会が開かれた。現場には東方神起ユンホ、チャンミン、スーパージュニアのイトゥク、シンドン、ウニョク、ドンヘ、ユーチューブオリジナルエイペクリードコタ朝倉、キム・ジソンPDが参加した。

この日の記者懇談会ではフォトタイムから圧巻だった。東方神起ユノからスーパージュニア東海までに、練習生時代を思い出すポーズを披露し場内を笑い海で作った。

特にイトゥクは、プラットフォーム、YouTubeオリジナルのロゴがちりばめられたフォト月と「アナログトリップ」公式ポスターを積極的に活用した姿勢で視線を奪われた。だけでなく、右も見てほしいという記者たちの要求にひざまずくし、歴代級ギャグ感自慢した。東海も自分が「アナログトリップ」でギターを担当したと明らかにした後、ギターを弾くポーズを取った。

「アナログトリップ」は、Kポップスター東方神起ユンホ、チャンミン、スーパージュニアのイトゥク、シンドン、ウニョク、トンヘのインドネシアのバックパッカーだ。キム・ジソンPDは「アナログトリップ」を企画することにした理由で東方神起とスーパージュニアの特別な関係性を挙げた。キム・ジソンPDは「SMのアーティストと様々な作品をして思ったよりも、これらの間の思い出が多いことが分かった。特に、東方神起とスーパージュニアが練習生時代から宿泊施設も一緒に住んで厚い間と言っていたが、両方のグループがデビュー後思い出を積む時間が判明したのでは。最上の二つのグループをアナログ旅に出送信どうかと思った」と述べた。

「アナログトリップ」は、単純なバックパック旅行記ではない。東方神起とスーパージュニアが練習生だった2002年に戻っていくというコンセプトが特徴である。このように「タイムスリップ」の要素を加味し、感動と楽しさを加える予定である。

ユンホは「今回の旅行を通じて忘れていた過去を思い出すことができた。練習生の時から始まった心構えなど荒っぽい話が含まれている。多くのことを感じることができた旅だった」と述べた。続いて「スケジュールいく感じよりも、再び旅行をしながら、全体的なコンセプトが練習生の時間帯に合わせてなるから仕事をするという感じよりも思い出を作るという感じが強かった」とし「私は個人的に贈り物を受け取った感じだった。当時の話を交わしてみると、その時の私誰かが見守ってくれたということ自体がとてもギフトだった」と伝えた。

ウニョクは" 旅行に行った感じよりも祝日とき田舎の家に集まって昔の話しながらおいしいものを食べる気が多く聞いた。良い思い出だった」と付け加えた。

2002年タイムスリップコンセプトを完全に実装するためには、これらの者に支給された旅行の物品もユニークだった。東方神起とスーパージュニアは2G携帯電話、昔ながらのカメラ、MP3など2002年当時のものを受け取って旅行を行った。

イトゥクはレトロコンセプトで撮影を進行した所感で「大変不便だった。2002年に戻っていたからである。また、ジャカルタだけジャカルタではなく、とても田舎だった」とし「事実旅行が楽やすいと記憶に残るのは難しい。だからさらに胸に深く今後の旅行だった」と述べた。

今回の旅行では、スーパージュニアの電源ではなく、イトゥク、シンドン、ウニョク、東海のみ参加した。どうしてこれらの4人東方神起と一緒に思い出の旅に出ることになったのか、その背景が気になった。しかし、関連の質問を受けたイトゥクが出した答えは、意外なので爆笑をもたらした。

イトゥクは「私たちのネットがスケジュールが正確に合って行ってもたらされた。東方神起は海外旅行が多い。だから、東方神起のスケジュールされた日になるのが私たちの四人だった。リョウクは本当にのように行きたいしたミュージカルがあって、他の友達にもソロ活動中」と率直に答えた。続いて「私は「最高の料理の秘訣」の録画も2週間あらかじめ浮いておい可能だった」は、TMI(Too Much Information)を提供し、神童のピンジャックを受けた。

このうちトンヘは記者懇談会現場をYouTubeの1人放送で生き生きと伝えた。これスーパージュニアのメンバーたちは、「トンヘモール」に出て、また一回笑いをかもし出した。だけでなく、「アナログトリップ」のシーズン2の製作が予告されると、スーパージュニアは元年メンバーのまま次のシーズンに参加しようとする意味を強く表明した。スーパージュニアは、トンヘを置いて、「トンヘのスケジュールはこれだけ」とシーズン2の迅速な製作を訴えており、「メンバーはそのまま行ってPDが変わることがあるのか」という冗談を投げた。

東方神起とスーパージュニアは、バックパッキングで各自の役割を一つずつ与えられた。イトゥクはヘルスケアを、ウニョクはガイドを、トンヘはギターを、天才は、カメラを担当した。特にチャンミンは総務を務めながら最年少で実勢に浮上した。

チャンミンは総務を務める所感で"優先基本的に5型があまりにも優しく弟として甘く見て見下し意見を無視して、そんな人格の人がないことにもう一度感謝する」と述べた。これMCパク・チソンは、「そのように詳細に言うことを忘れないされたようだ」と探って笑いをかもし出した。

チャンミンは屈せず、「「桁が人を作る」という言葉がある。お金を握るされ、多くの方がご存知のように人がお金の前に弱くなりがちである」とし「お金は権力である。たまたまそのような役割を運良く引き受けるようになっ。型が私の話に納得してくれて楽しくお金の管理をすることができた」と冗談を続けた。

記者懇談会を通じて爆笑が絶えなかった。しかし、東方神起とスーパージュニアは、今回の旅行で得たことを問う言葉には全く真剣な姿を現わした。ユンホは「はがきに話を盛る時間を持ちました。その時私は記録して思い出を盛るのは本当に良いことだと思ったので、毎日ではないが書く習慣ができた。スーパージュニア友達とチャンミンがが作ってくれたの習慣みたい良かった」と述べた。

チャンミンは「陳腐答えかもしれないが、自分自身を振り返ることができた時間だった。練習生時代には歌手になりたいという夢を見て生きてきた。ある瞬間の夢を成し、その後私たちに見方をすれば夢が消えた時間だった。六人が一緒にしながらそのような時間の省察し振り返ることができた。旅行が、見方をすれば一段階成長することができた時間である」と述べた。

記者懇談会で見せてくれた六人の男の「あの世」テンションはすでに「アナログトリップ」への期待を高めた。キム・ジソンPDは、東方神起とスーパージュニアが示すケミストリーに多大な自信を表わした。

キム・ジソンPDは「メンバーたちケミカルに焦点を置いたプログラムである。二つのグループの間の良好な間に集中した。また、これらのの率直な姿はドキュメンタリー的要素として見ることができように解いた」と伝えた。

「アナログトリップ」は来る10月9日午後10時(韓国時間基準)SMTOWN YouTubeチャンネルを通じて公開される。YouTubeのプレミアム加入者は、この日の合計12個のエピソードをすべて見ることができる。/notglasses@osen.co。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2019   0 comments   0 trackback
Category :5人の東方神起

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44193-ea25e415

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR