FC2ブログ

「走る調査官」イ・ヨウォンX最帰化、殺人事件をきっかけに「対立→理解」



「走る調査官」イ・ヨウォン、チェグィ化人権調査官の現実的なジレンマに直面した。

去る26日放送されたOCN水木オリジナル「走る調査官」4回では、殺人事件の真実が明らかになった。「司法試験合格者は、犯罪を犯さない」という小さなバイアスで始まったいたましい事件であり、私たちの苦い現実を見せてくれて、深い余韻を残した。

この日ハンユン書(イ・ヨウォン)と倍ホンテ(チェ帰化分)は、外国人労働者ナデト(スジャル分)の無罪を証明した。警察の捜査の過程で、人権侵害があったのかを明らかにするための調査を引き続き行った二人。その結果、新たな真実を発見した。事件担当の刑事は捜査が自白に依存したのは確かだが、並び区(ジャンジョンヨン分)は、犯人でなければ知ることができない事実を言ったと主張した。まさに「消火器」だった。至純区消火器を用いてバックドアを下げ打った文し、現場を訪れた警察は、バックドアのノッカーで、その痕跡を発見したという。しかし、警察の捜査記録通りなら並び区事件の当事者ではなく、目撃者に近かった。また、事件当日停電があった示されたナデトの言葉事実だった。殺人事件現場にいた足跡は2つ。そこには至純区で第3の容疑者があった。

事件の真実を他の所であった。殺人事件の真犯人は警察に並び区が打ち明けておいたように考試院の「303号型」であった。事件当日、泥酔した「303号」は、並び区を連れテインお金を取るてあげる店を訪れた。しかし、自分を無視する社長の一言に怒りを我慢できなかった「303号」がテーブルの転移を発見した、社長を殺害したもの。これ追いかけ考試院を訪問したハンユン書と船ホンテはオテドア(シム・ジホ分)弁護士が真犯人を知っても、並び区完璧無罪を立証するためにナデトの悔しい死を利用しようとしたという事実を知った。オテドアは捜査が違法という事実を証明してくれる人権増進委員会(以下人権委)の裁判所意見提出書が目的だったこと。殺人事件の真実を知ってたが、できることがなかった。弁護士は依頼人に不利な事実を言ってはいけない義務があり、人権調査官が干渉することは越権であった。控訴審が進行中の刑事事件に有罪かどうかを証言することも不可能なことであった。

原則主義ハンユン立つ"すべての日に超えないようにすることが線というのがある」と怒りし、再捜査をしてでも陳情人の悔しさを解いて必要だと主張していた船ホンテも容易に決定することができなかった。調査官の限界とジレンマをひしひし感じたが、そのまま挫折しているがはなかった。船ホンテは真犯人を知っているにも事実を明らかにしなかったオテドアに向かって「無念死んでいった人の命よりも職業倫理と使命感が大事だと考えているのか」とサイダー厳しい忠告を与えた。ハンユン立つ至純区を訪ねナデトの無念の死と真犯人を見つけるために真実を教えてくれることを説得した。人権委は警察の捜査の過程であったナデトの人権侵害の事実に是正勧告を下し、並び区無罪を立証するために裁判所に意見提出書を出した。そう自分たちができる場所で人権を保護するために最善をつくす二人の真正性は、ジーンとすることをかもし出した。

この日、外国人労働者の殺害事件は、「偏見」から始まった悲劇の事件だった。「無実の人は、自白しないだろうということ」、「司法試験1次合格者は殺害を犯さない」という些細な偏見。「私たちも偏見の共同ジョンボムイルことあって」というハンユン書の言葉は、気づいていない間に、あまりにも自然にフレームの中で犯人の条件を合わせて見ていた現実的な、日常の小さな偏見がいかに恐ろしいのどっしりとした話題を投げた。

人権委の調査方式をめぐって対立していたハンユン書とベホン態度お互いを理解するようになった。調査でも捜査も方式の違いであるだけ、重要なのは悔しい人のために最善を尽くさなければならないということ。すべての真実を知ることになった瞬間、最も難しいのは、「誰か悔しがっても、誰かが間違っていても、人権調査官にすることができるのがなくてはならない」という原則であった明らかにしたハンユン立っている。この事件で人権委調査官のジレンマを思い知らさ経験した船ホンテも「事件に介入してはならない」というハンユン書の言葉に誰よりも共感した。別の方法であったが、お互いの真正性を確認することができた今回の事件は、悔しい人のために走っていく二人の活躍をより一層期待させた。

一方、OCN樹木オリジナル「走る調査官」は毎週水、木、夜11時に放送される。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 27.2019   0 comments   0 trackback
Category :ドラマ情報

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44192-ea01bc78

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR