FC2ブログ

アシアナ国際短編映画祭、第十七祭りの準備」少しずつ新しい試み」[総合]



アシアナ国際短編映画祭が第十七祭りの開始を発表した。

25日、ソウル中区チョンドンキルの山ダミアーノで第17回アシアナ国際短編映画祭(The 16th Asiana International Short Film Festival、AISFF)上映作発表記者会見が開かれた。

この席にはアン・ソンギ執行委員長、チョン・ジュナン審査委員長、パク・ソジュン特別審査委員、ジュボヨウン特別審査委員、地セヨンプログラマが参加した。

今年の競争部門に出品された作品は、118ヶ国5752編で、そのうちの試験を通じて、国際競争部門では、35カ国54編、国内の競争部門では15編、ニューフィルムメーカー部門では、6方が本選進出作に選ばれた。

アン・ソンギ執行委員長は「今年は韓国映画100周年でもある、短編映画祭ではあるが、特別な感じがある」とし「今年の映画祭は、いつものように、シネキューブとの複合文化空間エムで開かれる。多く見つけたら良いだろう」と呼びかけした。

審査委員長は、チョン・ジュナン監督が引き受けた。チョン・ジュナン監督は「事実審査というのがとても負担も感じている」と率直に伝えて"映画というのは、観客と会って、それぞれ他の個人の映画がまた誕生することになる過程だと思うが、そのような基準で審査あることはちょっと申し訳ない気持ちがするもある」と述べた。

続いて「アシアナ国際短編映画祭は、次の短編映画を作る良い、そのような条件と道をたくさん提示いただくようだ。とても良いお祭りのようだ」とし「造られた方々、また観客の皆さんに迷惑をかけないように最善を尽くして審査委員会この考えている良い作品を選ぶようにしたい」と述べた。
20190925123311681.jpeg

チョン・ジュナン監督と一緒に今年の審査委員には、200本以上の国内外の映画のマーケティング広報を行った広報社」映画「の新ユギョン代表者、多数の映画書籍を執筆しており、最近では「雨どいの1列」などの映画プログラム出演中の「シネ21」編集長ジュソンチョル、イタリア短編映画センターとトリノ短編映画マーケットの委員長を兼任しているよコーポケサ、国内でも公開された映画「フォロー」などを製作し、米国の独立映画界でプロデューサーとして活動しているレベッカグリーンが参加する。

今年の特別審査員としては、俳優パク・ソジュンとジュボヨウンが出た。

パク・ソジュンは「活動をしながら短編映画をよく接することができる機会が多くはなかった。今回、「ライオン」という映画をアン・ソンギ先輩のようにして、多くの短編映画を接することができる機会になることができるよう要請してくださったことに対して、あまりにも感謝の心である」とし「審査という部分は、いくつかの他の意味で私に近づいてくるのだ。第基準で最大限客観的に映画を眺めながら審査をするべきだと考えている」と話した。

昨年の映画祭で「ソᇂ 」を通じて「断片のオルグルサン」を受賞したジュボヨウンは「昨年受賞したことが実感が出ていなかった。この席に一緒にいるから、最終的に実感が私ようだ」と笑って「毎年この道を続い行くか悩みが多かったが、「断片のオルグルサン」が私に機会になってくる新年はじっくりよく通って行ったようだ。

地セヨンプログラマの映画祭紹介に続いて、17回目のイベントを迎えて毎年少しずつ発展した姿を見せるために努力しているという現在の状況も伝えられた。

アン・ソンギ執行委員長は「17回中映画祭をしてきて、少しずつ発展していく姿と能力がたくさん好きたことを感じている」とし「少しずつ目に見える進歩があるように維持しようとしている。」アシフキャスティングマーケット」などがそのような新しい試みである。今後も、既存の行ってきたことをもとに、新しいアイデアを考えて見る予定だ」と明らかにした。

今年の開幕作は、エリックバーロルリン監督のスウェーデンの短編「バミューダ島」とグレッグローマ監督の南アフリカ短編「略奪者たち」である。閉幕作には、今年の競争部門受賞作が上映される。

第17回アシアナ国際短編映画祭は、来る10月31日から11月5日までの6日間、シネキューブとの複合文化空間エムで開かれる。
スポンサーサイト



Posted by まりあんぬあしゅー on 25.2019   0 comments   0 trackback
Category :受賞

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://marianneasyu.blog.fc2.com/tb.php/44173-03925881

プロフィール

まりあんぬあしゅー

Author:まりあんぬあしゅー
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR